DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第15巻 第4号 >

On the Gonotrophic Dissociation in Culex tritaeniorhynchus summorosus Females under Various Conditions


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm15_04_02_t.pdf747.77 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: On the Gonotrophic Dissociation in Culex tritaeniorhynchus summorosus Females under Various Conditions
その他のタイトル: 種々の条件下でのコガタアカイエカの栄養生殖分離
著者: Oda, Tsutomu / Wada, Yoshito
著者(別表記) : 小田, 力 / 和田, 義人
発行日: 1973年12月30日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 15(4). p189-195, 1973
抄録: In order to understand the ecological significance for the gonotrophic dissociation in Culex tritaeniorhynchus summorosus females, the development of follicles, the activity of blood feeding and the incidence of gonotrophic dissociation were examined with the females which had been reared as adults under the outdoor natural or indoor experimental conditions and with those which had been caught at cowsheds. From the results obtained, it was indicated that under the conditions of the short day-length the gonotrophic dissociation occurs commonly, however the feeding rate is very low and accordingly the number itself of the females showing this phenomenon is very small. Therefore, it can be said that the gonotrcphic dissociation in this species does not play the important role on the overwintering ecology. / コガタアカイエカの栄養生殖分離の果す生態学的意義を明らかにするために,夏から秋にかけて屋外の自然条件下で飼育羽化させた雌及び種々の日長と温度とを組み合せた実験条件下で飼育羽化させた雌について,濾胞の発育状態,吸血率及び栄養生殖分離率を調査し,更に春から秋にかけて牛舎で採集した吸血雌についても栄養生殖分離率を調べた.これらの調査結果から,本種雌の栄養生殖分種は短日条件下で普通に起こるが,吸血率が顕著に低いため,本現象を示す雌の数は極めて少ないことがわかった.したがって,本種の栄養生殖分離が越冬生態の上に重要な役割を果すとは思われない.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4148
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第15巻 第4号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4148

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace