DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第15巻 第4号 >

On the Cryo-biological Study of the Parasitic Protozoa : (2) The low temperature preservation in freezers


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm15_04_04_t.pdf1.03 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: On the Cryo-biological Study of the Parasitic Protozoa : (2) The low temperature preservation in freezers
その他のタイトル: 寄生性原虫類の低温生物学的研究 : 2.フリーザーによる低温保存
著者: Miyata, Akira
著者(別表記) : 宮田, 彬
発行日: 1973年12月30日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 15(4). p204-213, 1973
抄録: The following results were obtained: 1. Entamoeba histolytica survived for only several days in a sample with 5% dimethyl sulfoxide at -75C after pre-cooling in a -25C freezer. 2. In a sample with 7.5% glycerol stored at -20C, RH strain of Toxoplasma gondii survived for at least 75 days, and Plasmodium berghei was preserved for 49 days, whereas Trypanosoma gambiense survived for only 3 days. 3. T. gambiense, P. berghei, and RH strain of T. gondii could be easily stored at -75C in the presence of 7.5% glycerol, and even without any cryo-protective substance, the latter two species survived for about 80 days. 4. In spite of several trials, Beverley strain of T. gondii could not survive at low temperatures except only one sample stored at -20C for one day had an infectivity to a mouse. 5. The most interesting finding was that the survival period of protozoa in the sample prepared with inactivated bovine serum was somewhat longer than that prepared with physiological saline. / 本報では,先に報告(宮田,1973)したトリコモナス類以外の寄生性原虫類について,-20度,-25度,-75度の3種のフリーザーを用いて,凍結保存を試みた.得られた成績は,次の通りである.1.赤痢アメーバは,凍結保存が困難で,-25度フリーザー中で1時間半予備凍結後,-75度フリーザーヘ移し保存しても,せいぜい数日間保存できたにすぎない.2.7.5%グリセリンを加えた試料を,-20度のフリーザー中に凍結保存する場合は,トキソプラズマRH株は,少なくとも75日,ネズミ・マラリアは,49日保存できたが,ガンビエ・トリパノゾーマは,3日間しか保存できなかった.3.上記3種の原虫は,7.5%グリセリンを加え,-75度フリーザー中で凍結した場合は,大変長期間保存することができる.またトリパノゾーマを除く2種の原虫は,例え凍害保護剤を加えなくても,およそ80日間保存できた.4.何回も試みたが,トキソプラズマのビバリー株の保存は難しく,-20度で凍結した7.5%グリセリン加試料中の1本だけが1日保存後もマウスに感染力をもっていた.しかしその他の試みは全て失敗に終った.5.原虫を非働化牛血清中で凍結する場合は,生理的食塩水中で凍結するよりも,原虫の保存期間が長くなつた.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4150
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第15巻 第4号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4150

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace