DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第15巻 第4号 >

Ecological Studies on Japanese Encephalitis Virus : Results of Investigations in Nagasaki Area, Japan, in 1969, 1970 and 1971


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm15_04_05_t.pdf928.06 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: Ecological Studies on Japanese Encephalitis Virus : Results of Investigations in Nagasaki Area, Japan, in 1969, 1970 and 1971
その他のタイトル: 日本脳炎ウイルスの生態学の研究 : 1969年,1970年及び1971年の調査成績
著者: Hayashi, Kaoru / Shichijo, Akehisa / Mifune, Kumato / Matsuo, Sachiko / Wada, Yoshito / Mogi, Motoyoshi / Itch, Tatsuya
著者(別表記) : 林, 薫 / 七条, 明久 / 三舟, 求真人 / 松尾, 幸子 / 和田, 義人 / 茂木, 幹義 / 伊藤, 達也
発行日: 1973年12月30日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 15(4). p214-224, 1973
抄録: Serial surveys on the ecology of Japanese encephalitis virus in Nagasaki area were made during from 1969 to 1971. In total, 11,229 hibernated female mosquitoes of Culex tritaeniorhynchus were caught in early spring every year for virus isolation, however it was unsuccessful. The significant increase of hemagglutination inhibition antibody possessing rate in the sera of slaughtered pigs in early spring was not found in these three years. Virus isolations from the vector mosquitoes in epidemic season were made from 1st to 26th of August in 1969, from 19th of July to 16th of August in 1970 and from 13th to 27th of July in 1971, respectively. Although the isolation efficiencies were not remarkably different at the highest level in a certain limited period in epidemic season during the years 1964 to 1971, the periods for JE virus isolation from the vector mosquitoes became shorter in the years from 1968 to 1971 than from 1964 to 1967. It was considered as one of the reasons that the number of the vector mosquitoes was smaller during the epizootic from 1968 to 1971 than from 1964 to 1967. Subsequently, it was noted that the encephalitis case sbecame to decrease in number in recent years. / 1969年,1970年及び1971年の3年間に越年コガタアカイエカ11,229個体,65プールについて哺乳マウス脳内接種法でウイルスの分離を試みたが,成績は陰性であった.流行期における蚊からのウイルスの分離は1969年は,8月1日から8月26日まで,1970年は,7月19日から8月6日まで,1971年は7月13日から7月27日までの期間であった.各年の捕集蚊からの日脳ウイルスの分離効率は最も高いときは1969年3.6,1970年4.8,1971年4.4であって,1968年以前の流行盛期のそれと大差がない.以上の事実は,最近3年間の野外でのコガタアカイエカのウイルス汚染が流行期の或る一時期には1968年以前と同じくらいに行われていることを示している.これに反して,蚊からのウイルスの分離期間が異常に短かくなっていることは,コガタアカイエカの発生,消長が最近3年間では著しく減少していることに,その一つの要因を求めることが出来る.これと平行して.患者数も減少し,1969年19名,1970年17名,1971年3名の届出患者があったにすぎない.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4151
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第15巻 第4号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4151

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace