DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第16巻 第2号 >

発酵食品類より分離された毒性真菌類


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm16_02_01_t.pdf1.83 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 発酵食品類より分離された毒性真菌類
その他のタイトル: Toxic Fungi Isolated from Fermented Foodstuffs
著者: 板倉, 英世 / 石河, 利隆 / 水沼, 武二 / 川崎, 洋介 / 藤本, 二郎 / 木下, 良順
著者(別表記) : Itakura, Hideyo / Ishiko, Toshitaka / Mizunuma, Takeji / Kawasaki, Yosuke / Fujimoto, Jiro / Kinosita, Riojun
発行日: 1974年 6月30日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 16(2). p45-53, 1974
抄録: 日本(及び一部韓国並びに米国)の主要な発酵食品である味噌,醤油,こうじ,わさび漬け,かつおぶし及びそれらの種こうじ,又,米国のブルーチーズなどから分離される真菌類は多く,それらの培養濾液の中にkojic acid. β-nitropropionic acidなど化学物質を産生するもの, bacteriophage inductionなど生物活性を示すもの, Aflatoxinなど螢光物質を産生するもの,更にマウスに対して急性の毒性作用を示す多くのstrainを我々は得ている.本研究ではそれらの真菌類のうち25 strainを選んで培養瀘液をマウスヘ腹腔内投与することにより長期の慢性毒性を観察した結果16 strainによって明らかな慢性病変が見られた.毒性作用の標的臓器はstrainによって異なるが,病理組織学的には肝細胞萎縮,肝細胞核の大小不同性,肝細胞腫瘍(肝腺腫及び肝細胞癌),腎尿細管の拡張と上皮の変性それに〓丸の萎縮などが見られた.更に上記のstrainの一つであるM-3 Alternaria tenuisの培養瀘液の酸性,塩基性及び中性の各分画について慢性毒性を検索した。 / A lot of fungal strains which were isolated from popular fermented foodstuffs consumed daily in quantity in Japan, were found to produce toxic culture filtrates through chemical checks, biological tests and short-term animal experiments in our previous study. The long-term animal experiments using several strains of fungi which were selected for further chronic toxicity tests from the results of the above study and other additional strains of fungi which were isolated from Japanese, American and Korean fermented foodstuffs such as "miso", "shoyu", "koji" and cheese were carried out for the determination of chronic toxic effects on animals and carcinogenesity of the fungus metabolites. Out of 25 fungal culture filtrates, 16 filtrates showed development of chronic pathological changes in mice. Moreover, several strains of fungi were found to produce liver cell tumors and hemangioma of the liver. Tubular dilatation and degeneration of the kidney and atrophy of the testis were also observed. In the additional experiments using four fractionated materials of the fungal culture filtrate of M-3 Alternaria tenuis, different results were obtained by each fraction.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4159
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第16巻 第2号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4159

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace