DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第16巻 第3号 >

フィリピン・パラワン島産野生ネズミRattus panglima Robinsonから検出された大型トリパノゾーマの新種Trypanosoma (Megatrypanum) palawanense n. sp.(原生動物・トリパノゾーマ科)


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm16_03_01_t.pdf976 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: フィリピン・パラワン島産野生ネズミRattus panglima Robinsonから検出された大型トリパノゾーマの新種Trypanosoma (Megatrypanum) palawanense n. sp.(原生動物・トリパノゾーマ科)
その他のタイトル: Trypanosoma (Megatrypanum) palawanense n. sp. (Protozoa: Trypanosomatidae) Detected from Rattus panglima Robinson in Palawan Island, the Philippines
著者: 宮田, 彬
著者(別表記) : Miyata, Akira
発行日: 1975年 2月28日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 16(3). p103-111, 1975
抄録: フィリピン・パラワン島の森林内で,捕獲した野生ネズミRattus panglima Robinsonの血液中から発見した大型のトリパノゾーマは,今まで全く知られていない種であるので,ここにTrypanosoma (Megatrypanum) palawanense n. sp.と命名記載した.従来, Rattus属のネズミからは,全世界的に分布するT. (Herpetosoma) lewisiの他に,中南米に分布し,人体にも感染するT. (Schizotrypanum) cruziと,アジアおよびアメリカから記録されているT. (Megatrypanum) conorhiniの3種類のトリパノゾーマが知られている. T. (M.) palawanenseは,鞭毛を含む体長が70ミクロン,体幅は5ミクロン,核は体中央よりやや前方に位置し,核指数1.4,キネトプラストは小さく,核の2ミクロン後方にあり,遊離鞭毛は短かく, 6.0ミクロンであるなど,多くの点で,上記3種とは明瞭に区別できる.本種のキネトプラスト指数は, 8.8~23.0(平均12.4)で,既知の哺乳類のトリパノゾーマのうちでは,最も高い値をしめす.また平均体長では, T. (Megatrypanum) ingens (体長72~130ミクロン)についで大きい.一般的外観では,中南米のコウモリやキネズミのトリパノゾーマと似ているが,新しく記載した種類は,大きさ,キネトプラストと核の距離,核の位置などから,既知種と全く異なり,爬虫類のトリパノゾーマのあるものと形態的に似ている.本種は,単にRattus属に寄生する第4番目のトリパノゾーマであるというだけではなく,実験室でもRattus属に感染するこのような大型の種類は知られていないので,このトリパノゾーマの生活史を明らかにし,実験系統として確立できるならば,原虫研究者にとって大変有益であろう. / Trypanosoma (Megatrypanum) palawanense n. sp. from Rattus panglima Robinson, which was collected in the forest of Palawan Island, the Philippines, was described. The new species is very large with kinetoplast typically situated near the nucleus (KI=8.8~23.0) and far from the posterior end of the body, and approximately 70 microns in total length including the free flagellum and 5 microns in width. Thus, taxonomically the species belongs to the subgenus Megatrypanum Hoare, 1964. This trypanosome is well distinguishable from other described species from Rattus spp. in the large body size and the position of kinetoplast. The life cycle of T. palawanense is still unknown, but mites which have been observed on the body of the host rat, are the most suspicious as possible vectors.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4165
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第16巻 第3号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4165

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace