DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第16巻 第3号 >

西サモアの全住民に対するジエチルカルバマジン投与後の媒介蚊のフィラリア感染率


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm16_03_05_t.pdf983.62 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 西サモアの全住民に対するジエチルカルバマジン投与後の媒介蚊のフィラリア感染率
その他のタイトル: Filarial Infection in Vector Mosquitos after Mass Drug Administration in Western Samoa
著者: 鈴木, 猛 / ソンネ, フォラ
著者(別表記) : Suzuki, Takeshi / Sone, Fola
発行日: 1975年 2月28日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 16(3). p147-156, 1975
抄録: 亜周期性バンクロフト糸状虫によるフィラリア浸淫地の一つである南太平洋の西サモアで,ジエチルカルバマジンを全人口に投与する方法によって,1965-66年に広範な駆除が実施された.ただし媒介蚊の駆除は全く行なわれていない.その後4年間に及ぷ調査の結果,媒介蚊の感染率(各期幼虫を含む)は, Aedes (Stegomyia) polynesiensisでは,実施前の8.35%から,実施後には0.61% (約1/14)にまで減少した.またAedes (Finlaya) samoanusでは,4.47%から0.26% (約1/17)に減少した.感染期幼虫の感染率は, Ae. polynesiensisで2.95%から0.070% (1/42)に, Ae. samoanusでは,0.26%から0に減少した.各期幼虫感染率の減少よりも,感染期幼虫感染率の減少がいちじるしいのは,感染蚊中の幼虫数の極度の減少によるものと思われる.フィラリア駆除の昆虫学的効果判定は,感染期幼虫感染率によることがのぞましい.駆除実施後に見出された,感染期幼虫をもつ3個体のAe. polynesiensisのうち,1個体は駆除終了の3カ月後に,また他の2個体は,少なくとも3.5年後に採集されたものである.西サモアの各地域の間では,蚊の感染率に顕著な差はみとめられなかった.ただ,感染蚊が見出された地域では,見出されなかった地域に比較して,ジエチルカルバマジンの摂取は有意に少なかった. / In order to control filariasis in Western Samoa, the first round of mass administration of diethylcarbamazine was carried out during 1965-1966, without undertaking any vector control measures. Four years of post-control entomological evaluation has revealed that the infection rate has dropped from 8.35% to 0.61% (1/14 of pre-control rate) in Aedes (Stegomyia) polynesiensis and 4.47% to 0.26% (1/17 of pre-control rate) in Aedes (Finlaya) samoanus; and the infective rate has dropped from 2.95% to 0.070% (1/42 of pre-control rate) in Ae. polynesiensis and 0.26% to 0 in Ae. samoanus. More reduction was observed in the infective rate than the infection rate, presumably because of a remarkable decrease in the number of filarial larvae in infected mosquitos. It is suggested that, for the entomological evaluation of filariasis control, the infective rate should be preferred to the infection rate. Of the three infective Ae. polynesiensis detected after the campaign, one was found three months after its completion and the other two at least 3-1/2 years later. No difference has been observed in the infection rate in mosquitos between different geographical locations. The drug distribution coverage was significantly less in the districts with infected mosquitos than in those where no infected mosquitos were found.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4169
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第16巻 第3号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4169

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace