DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第16巻 第4号 >

ケニアにおける消化管透視および胃内視鏡の経験


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm16_04_04_t.pdf578.42 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: ケニアにおける消化管透視および胃内視鏡の経験
その他のタイトル: Radiological examinations of the upper alimentary tract and endoscopic examinations of the stomach in Kenya
著者: 森, 巌 / 木下, 勇 / 早川, 滉 / 原, 耕平 / 原田, 尚紀
著者(別表記) : Mori, Iwao / Kinoshita, Isamu / Hayakawa, Akira / Hara, Kohei / Harada, Takanori
発行日: 1975年 3月20日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 16(4). p201-205, 1975
抄録: The results of barium swallow, barium meal and fibergastroscope examinations at Rift Valley Provincial General Hospital in Kenya were stated. During the period under review, from March 1973 to January 1974, 40 barium swallow, 547 barium meal examinations and 115 fibergastroscope examinations were performed. The percentage of esophagus cancer was 47.5 in barium swallow cases. The cancer cases were detected more in Luo tribe than in other tribes. Gastric ulcer was 5.9% in barium meals and 13.9% in fibergastroscope examinations. The percentage of duodenal ulcer was 9.9 in barium meal cases. The ratio of gastric ulceration to duodenal ulceration was 1:1.7.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4173
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第16巻 第4号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4173

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace