DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第17巻 第3号 >

日本における日本脳炎ウイルスの生態学 : I.蚊,豚の日脳ウイルス感染と人の流行との関係


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm17_03_01_t.pdf1.02 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 日本における日本脳炎ウイルスの生態学 : I.蚊,豚の日脳ウイルス感染と人の流行との関係
その他のタイトル: Ecology of Japanese Encephalitis Virus in Japan : I. Mospuito and pig infection with the virus in relatien to human incidences
著者: 福見, 秀雄 / 林, 薫 / 三舟, 求真人 / 七条, 明久 / 松尾, 幸子 / 大森, 南三郎 / 和田, 義人 / 小田, 何 / 茂木, 幹義 / 森, 章夫
著者(別表記) : Fukumi, Hideo / Hayashi, Kaoru / Mifune, Kumato / Shichijo, Akehisa / Matsuo, Sachiko / Omori, Nanzaburo / Wada, Yoshito / Oda, Tsutomu / Mogi, Motoyoshi / Mori, Akira
発行日: 1976年 1月30日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 17(3). p97-110, 1976
抄録: 長崎地方における日本脳炎(日脳)ウイルスの生態学的研究のうち1964年から1973年に至る10年長間の調査成績を総括し解析を加えた.日脳ウイルスの主媒介蚊であるコガタアカイエカのウイルス感染の拡がりは媒介蚊の密度が最高に達する以前か或いはその時間に一致しているのが例年の様相である.また,人の日脳流行は主に豚の日脳感染が始まる頃の媒介蚊の密度によって影響されるようである.過去10年,相当の大量の越年コガタアカイイカ雌成虫から日脳ウイルスの分離を試みたが,いずれも不成功に終った.このことは蚊体内におけるウイルスの越年の可能性は南方諸地域とは異ることが推察される. / The ecological studies on Japanese encephalitis (JE) virus were performed from 1964 to 1973 in Nagasaki district, southern part of Japan. The summarized results during epidemic periods demonstrated that Culex tritaeniorhynchus is a main vector of JE virus and the extensive virus infections in vector mosquitoes are generally seen before or in the peak of the seasonal prevalence of mosquito population density and that the size of human epidemics seems to be mainly influenced with the vector mosquito population density at the start of epizootic in swine. Some particular attempts to isolate JE virus from fairly large number of overwintered C. tritaeniorhynchus and the tests for their history of the oviposition in last autumn of these overwintered mosquitoes suggested that the possibility of the virus to overwinter in the adult female of C. tritaeniorhynchus is unlikely as far as southern parts of Japan are concerned.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4184
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第17巻 第3号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4184

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace