DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第17巻 第3号 >

1974年夏,大村市に発生した無菌性髄膜炎及び夏かぜ症の流行例


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm17_03_04_t.pdf496.26 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 1974年夏,大村市に発生した無菌性髄膜炎及び夏かぜ症の流行例
その他のタイトル: Two Incidences of Epidemic of Aseptic Meningitis and Summer Febrile Illness Occurred in Omura City, Nagasaki, Japan in 1974.
著者: 明石, 光伸 / 上田, 芳秋 / 出口, 雅経
著者(別表記) : Akashi, Mitsunobu / Ueda, Yoshiaki / Deguchi, Masatsune
発行日: 1976年 1月30日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 17(3). p143-149, 1976
抄録: 大村市において1974年6月22日から8月26日まで特に7月に集中して小児の無菌性髄膜炎の流行があった.患者は1才から11才までの年令層に亘っていたが,2才ないし3才が最も多かった.本流行例では髄膜刺激症状が強く上気道感染の症状はほとんどみられなかった.髄液24検体から12株,うがい液22検体から14株,便23検体から21株のウイルスを分離し,すべてCoxsackie virus B3と同定された同市に同じ時期に7月に集中して,上気道感染の症状のみを呈した夏かぜ症状の流行が乳児の間に起った.うがい液16検体から15株,便17検体から16株のウイルスを分離し,すべてCoxsackie virus B3と同定された.1960年,林等によって,長崎地方のポリオ流行の調査の時に, Coxsackie virus B1, B3及びB5の潜在感染を警告したが,今日までCoxsackie virus B3による流行例は経験されなかった.全国的にみて, Coxsackie B3ウイルスは1970年以後急速に広く分布したことがWHO Reference Centerの報告から推定された.低年令層間の流行は今後も注意されねばならない. / It was noted that two epidemic incidences of aseptic meningitis among infants and summer febrile illness among babies were occurred in the same period in summer and in the limited area in Omura city, Nagasaki, in 1974. The outbreak of these incidences seemed to be considered the age dependency. In these incidences, the virus isolation was performed from 92 specimens in total of cerebrospinal fluids, throat washings and feces. Seventy-seven isolates were obtained from them and identified as Coxsackie virus B3. It was considered that the virus must have been disseminated all over the Japan islands since 1970.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4187
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第17巻 第3号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4187

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace