DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第17巻 第3号 >

同時感染したHEK細胞を用いたアデアウイルス5型のプラーク法


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm17_03_05_t.pdf595.28 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 同時感染したHEK細胞を用いたアデアウイルス5型のプラーク法
その他のタイトル: Plaque Assay Method for Adenovirus Type 5 with the Culture of HEK Cells Synchronously Infected with the Virus.
著者: 上田, 芳秋 / 明石, 光伸 / 林, 薫
著者(別表記) : Ueda, Yoshiaki / Akashi, Mitsunobu / Hayashi, Kaoru
発行日: 1976年 1月30日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 17(3). p151-158, 1976
抄録: 適宜に階段稀釈した抗血清とX×10^4 PFUのウイルスを混じ室温1時間放置した後,直ちに1:100まで稀釈する.この稀釈液と等量の維持に浮游させた2~3×10^6/mlのHEK細胞とを混和し,37℃30分間軽く振盪する.径5cmのシヤレーに1mlずつ入れ,細胞をガラス面に拡げ,0.5%仔牛血清,0.75%カルボオキシメチールセルローズを含んだ維持液を加え蔽う.5日ないし6日目に細胞をギムザ液で染色し,プラークを算える.以上が抗血清の中和抗体の測定法である.抗血清と抗原(分画その他)を加え充分反応させた後,更らにX×10^4PFUのウイルスを追加し室温60分放置し,以後の手順は上記の方法に従う,以上が抗原による抗血清中の抗体のブロック能を知る方法である.以上の方法を用いて,アデノウイルス5型の抗血清に対するA抗原,C抗原及びP抗原のブロック能を検査した.抗血清が完全にブロックされたのはA抗原によってのみであり, C抗原及びP抗原は抗血清のブロック能を有しないことを知った. / The mixture of antiserum and antigen at each adequate dilution was added the seed virus contained X×10^4 PFU per ml. The mixture was diluted upto the concentration contained 50 to 100 plaques per ml per a dish and 2 ml of the last dilution was made. The last dilution of the mixture was added equal volume of HEK cell suspension contained 2 or 3×10^6 cells per ml and shaked at 37℃ for 20 or 30 minutes. One ml of these mixture of antiserum, antigen and seed virus was plated into a dish, and 4 ml of maintainance medium contained 0.5% calf serum and 0.75% carboxymethylcellulose was added and spread over in a dish. After incubation for 5 or 6 days, the cell sheet was fixed with 10% formaldehyde saline solution and washed and stained with Gimsa solution. The plaques formed in this method were clear and easy to count. The activity of antigen A, C and P of adenovirus type 5 for the blocking antibody against purified adenovirus type 5 was studied with the application of this plaque assay method.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4188
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第17巻 第3号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4188

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace