DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第18巻 第1号 >

水性二層分配系による日本脳炎ウイルスの濃縮と精製


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm18_01_01_t.pdf1.39 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 水性二層分配系による日本脳炎ウイルスの濃縮と精製
その他のタイトル: Concentration and Purification of Japanese Encephalitis Virus with Aqueous Polymer Two Phase System
著者: 七條, 明久
著者(別表記) : Shichijo, Akehisa
発行日: 1976年 3月30日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 18(1). p1-10, 1976
抄録: 日本脳炎(日脳)ウイルスの精製,濃縮は超遠心による沈澱法,密度勾配遠心法が通常の方法であるがウイルスのの活性の保持や回収に難点がある.水性二層分配系による濃縮精製はウイルスの活性を失うことなく,良好な回収が得られ,且つ,大量の出発材料を処理しうる利点がある.組織培養日脳ウイルスを出発材料とし,ポリエチレングリコール(PEG)と硫酸デキストランナトリウム(DS-PEG)による二層分配を比較した.(1)PEG沈澱法では,5%または8%PEG(pH 8.0)-0.25M NaClの場合,濃縮率と回収率はもっとも高い.しかし,濃縮ウイルス液中に細胞砕片の混入が認められ,且つ,PEG除去のため,さらに分画遠心法やカラムクロマトグラフィーを用いる必要性があった.(2)DS-PEGを用いた二層分配系では第一段階0.5% DS-8.0% PEG, 0.3 M NaCl (pH 8.0)の場合,高度に濃縮され,第二段階でDS層に1M NaClになるようにNaClを追加し,上層のDS層にウイルスを集積した.このウイルス液中のDSはPhilipson et al.(1960)の方法で塩化カリを加え,DS-KCl沈澱として遠心で除去した.本二層分配法は大量の組織培養ウイルス液から高能率に,しかも少量の精製濃縮ウイルスを得るために極めて有効な方法である. / To obtain the concentrated and purified Japanese encephalitis (JE) virus preparation, the polyethylen glycol (PEG) precipitation method and the two phase system of aqueous polymer solution of sodium dextran sulfate (DS) and PEG were applied. The concentrated and partial purified JE virus precipitated with 5% or 8% PEG still contained cellular fragments. It was required further purification of that preparation. The concentrated JE virus with high purity was obtained by two step method of phase separation using DS-PEG system without loss of infectivity and biological properties. The suitable system of phase separation was given by the application of DS 0.5-PEG 8.0 (0.3 M NaCl) in initial step and DS 0.5-PEG 8.0 (1 M NaCl) in second concentration. JE virus preparation obtained with this system indicated 200 times more over of concentration effect, 455 fold of the concentration factor and 2.27 of infectivity index. This method was recommended for the purification and the concentration of JE virus from the large volume of starting material.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4194
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第18巻 第1号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4194

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace