DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第18巻 第1号 >

日本脳炎ウイルスの基本構造に関する研究 : 血球凝集性粒子の分離,純化と芯被膜の確認


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm18_01_02_t.pdf6.48 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 日本脳炎ウイルスの基本構造に関する研究 : 血球凝集性粒子の分離,純化と芯被膜の確認
その他のタイトル: Study on the Basic Morphology of Japanese Encephalitis Virus : The isolation of purified hemagglutinin and the detection of core membrane
著者: 明石, 光伸
著者(別表記) : Akashi, Mitsunobu
発行日: 1976年 3月30日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 18(1). p11-28, 1976
抄録: Concanavalin Aは糖蛋白と特異的に結合するほか,glycoproteinを有するenveloped RNAウイルスをも特異的に凝集することが知られてきた。この性質を利用して,Tween 80 and etherで破壊した日本脳炎ウイルスから血球凝集性及び補体結合性成分を分離し,更に塩化セシウム密度勾配遠心法で両成分の純化を行った。血球凝集性成分は電顕的にprojectionの集合であることを確認し,かつ単一のpolypeptideから成っていることを認めた。一方,補体結合性成分はnucleocapsidとmembrane構造物の集合であることを電顕的に確認し,かつそれぞれに相当するpolypeptideが証明された。membrane構造をcore membraneと呼び,さきに上田が見出したenvelopeの基底膜(basal membrane, unit membrane)とは異なるものであることを指摘した。本構造の電顕的証明は最初の所見であり,日本脳炎ウイルスの基本構造に新しい所見を提示したものである。血球凝集性成分でマウスを免疫すると血球凝集抑制抗体は勿論中和抗体もよく産生されたが,補体結合性抗体は検出されなかった。これに反して,補体結合性成分で免疫したマウスでは補体結合性抗体のみが証明され,血球凝集性抗体は勿論中和抗体の産生も認められなかった。この事実は日本脳炎ウイルスの感染防禦にあずかる抗原成分の解析に重要な資料となるものである。 / The isolation of hemagglutinating and complement fixing components from the disrupted Japanese encephalitis virus with Tween 80 and ether was performed successfully by the method of the precipitation of hemagglutinins (projections) with concanavalin A. The purified hemagglutinating (HA) and complement fixing (CF) components were obtained by the centrifugation of the precipitate and the supernatant in the discontinuous density gradient of cesium chloride. The purified hemagglutinating component showed a major polypeptide in 10% acrylamide gel electrophoresis and revealed the aggregation of fine projections by electronmicroscopic observation. It was found that the CF components contained the nucleocapsid and membranous structure (core membrane) by the electronmicroscopic observation. The core membrane was distinguished from the membranous structure at the basis of projections (basal membrane). The CF components showed a major and a minor polypeptides which were considered to correspond to the nucleocapsid and the core membrane respectively. The biological properties of HA and CF components were also examined.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4195
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第18巻 第1号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4195

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace