DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第18巻 第1号 >

日本脳炎ウイルスの形態学の研究 : Envelope及び赤血球凝集性大型粒子の生成由来について


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm18_01_03_t.pdf6.91 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 日本脳炎ウイルスの形態学の研究 : Envelope及び赤血球凝集性大型粒子の生成由来について
その他のタイトル: Study on the Basic Morphology of Japanese Encephalitis Virus : The envelope and the origin of the large particles of hemagglutinin
著者: 上田, 芳秋
著者(別表記) : Ueda, Yoshiaki
発行日: 1976年 3月30日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 18(1). p29-44, 1976
抄録: 日本脳炎(日脳)ウイルス粒子の基本構造についてはなお残された問題が多い。特に,envelopeの基本構造や赤血球凝集性大型粒子の由来については明らかでない。正常粒子はnegative染色法の改良によって小さいspikeで蔽われている像がみられる。中心部のcoreを失いenvelopeのみ残されたempty virusは明瞭な像として得られた。Spikeが付着するenvelopeの基底は薄い膜様構造(basal membrane)であることを確認した。このようなempty formやbasal membraneは未だ記載がない所見である。日脳ウイルス精製材料に時に赤血球凝集性大型粒子をみることがあり,本粒子の生成由来については明らかでなかった。本研究で,粒子の自然崩壊と粒子をα-chymotrypsineで処理することにより,この大型粒子はspikeが数個以上結合して出来ることを明かにした。従来,日脳ウイルス粒子から赤血球凝集性の構成成分と補体結合性の構成成分とをを明瞭に分画することが出来なかったが,本研究ではこれらを分画し,かつその構成蛋白を検査し,それぞれ一つのpolypeptideから成っていることを明かにした。 / The fine structure in relation to the morphological and biological properties of associated antigens of Japanese encephalitis (JE) virion, particularly, the origin of large particles of hemagglutinin were studied in this paper. An envelope with projections was observed clearly in the electronmicroscopy of the preparation by double stain method using 1 percent phosphotungstic scid solution and 1 percent uranyl acetate solution. Large particles of hemagglutinin were observed when the purified virus was treated with α-chymotrypsin or when the virus was kept at 4℃ for a long period after freezing and thawing several times. It was found that these particles having the hemagglutination property were constructed with the aggregation of several fine projections (hemagglutinins). The purified hemagglutinating and complement fixing components could be separated from the disrupted vinons by centrifnugation in the discontinuous gradient of cesium chloride. These components could be identified by electrophoresis in 10 percent acrylamide gels.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4196
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第18巻 第1号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4196

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace