DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第18巻 第1号 >

人と犬に対する蚊の吸血嗜好性について


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm18_01_06_t.pdf476.08 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 人と犬に対する蚊の吸血嗜好性について
その他のタイトル: Relative Feeding Preferences of Mosquitoes for Man and Dogs
著者: 末永, 斂 / 伊藤, 達也
著者(別表記) : Suenaga, Osamu / Itoh, Tatsuya
発行日: 1976年 3月30日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 18(1). p59-63, 1976
抄録: 長崎市内の犬糸状虫濃厚浸淫地の中,市街地と農村との中間的な地区と農村地区の2地区を選び,それぞれ1ヵ所で人及び犬のそれぞれを誘引源としたトラップを設置して蚊を採集し,その種類構成を比較した.その結果,両地区の何れにおいても両種トラップで採集された蚊群集の種類構成は近似しており,オオクロヤブカ,ヒトスジシマカ,アカイエカの3種が特に多く採集されることがれのかった.これらの中,アカイエカは犬糸状虫の主要伝搬蚊であり,ヒトスジシマカも副次的伝搬蚊であることから,その濃厚浸淫地では犬糸状虫の感染幼虫を保有した蚊が人を刺す機会がかなりしばしばあることが推察された. / Mosquitoes were collected by a human-bait-trap and a dog-bait-trap at two areas, suburban and rural, of Nagasaki City in 1968 and 1969 to compare the feeding preferences of mosquitoes for man and dogs. Species composition of mosquitoes collected by the two different traps was very similar to each other at both areas, and Armigeres subalbatus, Aedes albopictus and Culex pipiens pallens were predominant. It was considered that the latter two species may be important in transmitting the canine heartworm to man.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4199
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第18巻 第1号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4199

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace