DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第18巻 第3号 >

巨大な皮膚外発育を示したcystosarcoma phyllodesの一例.


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm18_03_01_t.pdf1.18 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 巨大な皮膚外発育を示したcystosarcoma phyllodesの一例.
その他のタイトル: Fungating Massive Growth through the Overlying Skin of the Breast : A case of benign cystosarcoma phyllodes in Kenya
著者: 原田, 昇 / 伊藤, 俊哉 / 土屋, 凉一 / 板倉, 英世
著者(別表記) : Harada, Noboru / Ito, Toshiya / Tsuchiya, Ryoichi / Itakura, Hideyo
発行日: 1976年 9月30日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 18(3). p109-112, 1976
抄録: Cystosarcoma phyllodesは組織学的に良性であるとき,乳房皮膚外に発育することは非常に稀れである。ケニア国リフトバレー州ナクール病院で組織学的に良性のcystosarcomaで乳房外に壊死を伴なわず巨大な発育を来した1例について,臨床病理学的検討を加えて報告した。 / Cystosarcoma phyllodes, a rare but impressive tumor of the breast, was first described and named by Muller (1838). Although this tumor occasionally distends overlying skin to such an extent that pressure of it produces discoloration, ulceration, fixation or retraction of the skin, the tumor does not usually adhere to and invade the skin. We found only five reported cases of cystosarcoma phyllodes showing fungating growth through the overlying skin (Lee et al., 1931) since 1827. The following case represents a huge fungating growth of benign cystosarcoma phyllodes without necrosis through the overlying skin.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4205
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第18巻 第3号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4205

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace