DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第18巻 第3号 >

長崎市郊外で発見された無尾類の住血原虫 : 2. Dactylosoma ranarum (Kruse, 1890)


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm18_03_04_t.pdf689.97 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 長崎市郊外で発見された無尾類の住血原虫 : 2. Dactylosoma ranarum (Kruse, 1890)
その他のタイトル: Anuran Haemoprotozoa Found in the Vicinity of Nagasaki City : 2. Dactylosoma ranarum (Kruse, 1890)
著者: 宮田, 彬
著者(別表記) : Miyata, Akira
発行日: 1976年 9月30日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 18(3). p135-141, 1976
抄録: 前報(Miyata, 1976)に続き,この論文では,長崎市郊外茂木のツチガエル(Rana rugosa)の赤血球内から検出されたDactylosoma ranarum (Kruse, 1890)について報告する.Dactylosoma属はピロプロズマと近縁であると考える学者もあるが,反面マラリア原虫(Plasmodium属)と赤血球内における無性生殖の仕方が類似しており,ただマラリア色素をもたない点が区別点として強調されている.従ってこの原虫の研究はマラリア原虫の起源を解明する上で大変重要な意味をもっている.得られた成績は次の通りである.1) D. ranarumは体長(鼻端より肛門まで)4cm以上のツチガェル成体からのみ検出された.21匹のツチガエルの成体のうち8匹からD. ranarumが検出された.しかし4cm以下のツチガエルやそのオタマジャクシからは検出されず,また検査した5匹のトノサマガエル(Rana nigromaculata)からもD. ranarumは発見されなかった.3)次の2型のシソゴニイをみとめることができた.A型:シブントはまるく,その周縁に3~10コの核が並んでいる.B型:扇形のシゾントで,その広くなっている側の縁に3~6コの核が並んでいる.また生殖母体ではないかと考えられる虫体は細長く,時には赤血球外に出ているのが観察される.4) D. ranarumが検出されたツチガエル8匹のうち,1匹を除き,その血液内にTrypanosoma rotatorium (Mayer, 1843)が寄生しているのが観察された.この両原虫の媒介者は,あるいは共通しているのではないかと疑われるが.D. ranarumの媒介者についても全く何も判明しなかった. / During a period of July to August, 1974, blood examinations of frogs and tadpoles collected from Mogi, near Nagasaki City, were carried out. Trypanosoma rotatorium (Mayer, 1843) was detected from the blood smears as reported in a previous paper (Miyata, 1976). From the smears at the same time, Dactylosoma ranarum (Kruse, 1890) was also found, and the following observations were obtained: 1) D. ranarum was found only from adult of Rana rugosa (larger than 4cm in body size), and 8 out of 21 frogs had this parasite in their blood. 2) From all smears in which D. ranarum was detected, T. rotatorium was found except one case. 3) Two types of schizogony were recognized. In type A, 3~10 nuclei were seen in the margin of round schizonts. In type B, fan-shaped schizonts were also seen in erythrocytes of frogs and in this case 3~6 nuclei appeared at margin of broader end of the schizont. Gametocytes are slender and elongate forms. 4) No vector or mechanism of transmission was known.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4208
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第18巻 第3号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4208

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace