DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第18巻 第3号 >

寄生性原虫類の低温生物学的研究(4) : -75度における膣トリコモナスの長期保存におけるグリセリン,エチレン・グリコールおよびDMSOの保存効果の比較研究


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm18_03_05_t.pdf617.72 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 寄生性原虫類の低温生物学的研究(4) : -75度における膣トリコモナスの長期保存におけるグリセリン,エチレン・グリコールおよびDMSOの保存効果の比較研究
その他のタイトル: On the Cryo-biological Study of the Parasitic Protozoa : (4) Comparative study of protective effects of glycerol, ethylene glycol and DMSO on prolonged cryo-preservation of Trichomonas vaginalis at -75C
著者: 宮田, 彬
著者(別表記) : Miyata, Akira
発行日: 1976年 9月30日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 18(3). p143-149, 1976
抄録: グリセリンおよびDMSOが,寄生性原虫類の凍結保存に有効な凍害保護剤であることは,先に報告した通りである(Miyata, 1973, 1975aおよび1975b).しかしそられの実験では,保存期間がせいぜい10日までであり,その程度の期間内では,両保護剤はともに膣トリコモナスの-75度における保存では高い生存率をしめした.またエチレン・グリコールもやはり有効である(未発表資料).しかし1~3ケ月のような長い期間の保存でも果して以上の3保護剤の効果に変化がないものかどうか,まだ明確な結論は出ていず,引用できる論文もない.そこでその点について検討した.得られた成績は次の通りである.-75度における保存初期(10日前後)の膣トリコモナスの生存率は,3保護剤とも少なくとも50%は越えており,どの保護剤がすぐれているか,この時点でははっきりしない.しかし1~3カ月保存後では,各保護剤ごとに生存率に大きな差異が生じてくる.10%グリセリンを用いた群では,明らかにもっとも生存率が高く,ほぼ初期の生存率が維持される.また生存虫体は,活発な運動性をもっている.7.5% DMSOを用いた群では,保存初期ではグリセリンとかわらない生存率をしめすが,60日保存後には,生存率10%に低下する.エチレン・グリコールを用いた群は,供試膣トリコモナス株により異なるが,DMSO群よりは生存率が高い.しかしどの株も明らかにグリセリン群に劣っている.またエチレン・グリコール群では,長期保存後,生きていると思われる虫体が殆んど運動性をなくしているものが多く,この点でもグリセリン群に劣っている.以上の成績から,-75度における長期保存では,グリセリンが最もすぐれた保護剤であると考えられる. / In the previous papers (Miyata, 1973, 1975a and 1975b), the author reported the effect of glycerol and DMSO on cryo-preservation of Trichomonas vaginalis at -75C. In those studies, survival rate of T. vaginalis was examined after 5 to 10 day-storage at -75C; in the present paper, however, three kinds of protective substances (glycerol, ethylene glycol and DMSO) were examined for the effect on prolonged preservation such as one to three months. The following results were obtained: 1) The initial survival rates in the presence of each substance are equally higher than 50% respectively. 2) After prolonged preservation for one to three months at -75C, the difference of survival rate in samples containing each substance was recognized. Ten percent glycerol is apparently superior to other two substances, and the survival rate after prolonged storage is still kept at the high level as equivalent as that of the initial 10 day-storage. Trichomonads still had a moving activity after 60 day-preservation. 3) In the presence of 7.5% DMSO, about 50 to 60% of trichomonads were alive after 10 days, but about 10% could survive after 60 days. 4) Ten percent of ethylene glycol is somewhat superior to DMSO. Three out of 5 strains still kept higher than 50% survival rates after 60 day-storage. After 30 to 90 days, however, most of living trichomonads lost their motilities. 5) From the above mentioned results, it might be concluded that glycerol is the most superior substance as a cryo-protectant among 3 chemicals examined in the present study.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4209
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第18巻 第3号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4209

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace