DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第19巻 第1号 >

南西諸島の恙虫相


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm19_01_01_t.pdf2.56 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 南西諸島の恙虫相
その他のタイトル: Trombiculid fauna in Nansei Islands, Japan (Prostigmata, Trombiculidae)
著者: 鈴木, 博
著者(別表記) : Suzuki, Hiroshi
発行日: 1977年 3月30日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 19(1). p1-25, 1977
抄録: 南西諸島は,日本の南端に帯状に連なる島々からなり動物地理学上,東洋区と旧北区の接点に位置している.しかも,これらの島々は,日本列島が大陸と隔離される以前に既に大陸とも日本列島とも隔離されており,そこに生息する生物相には特異的なものが多い.従って,島で固有に進化した種による種分化や,生物地理学的な研究の対象として注目されている島々である.筆者は,1971年から1975年の間,奄美大島に常駐し,南西諸島の主な島々の恙虫相を調査した.本報では,筆者の調査をもとに,これまでに報告された記録も併せて南西諸島の恙虫相をまとめ,各島々の恙虫相の特徴と日本本土産の恙虫相との比較を試みた.調査地は,南は西表,北は屋久島を含む南西諸島の島々である.調査の結果,八重山,沖縄群島から10属17種,与論,沖永良部,徳之島から7属11種,奄美大島から20属47種,種子・屋久島から7属13種,合計21属55種が記録された.このうち,日本未記録属2種,新種として筆者が記載した11種及び新記録6種を加え,本邦産恙虫は,25属99種になった.種子・屋久島の恙虫は,Doloisia satoianaを除きすべて日本本土産のものに含まれ,奄美大島以南のものは,47種のうち11種だけが本土産と一致した.この結果から,生物分布境界線渡瀬線は,恙虫相にも適用されるものと考えられる.奄美大島には,特産の恙虫と思われる種が多く,特に,アマミノクロウサギには特異的な寄生をするW. pentalagi, C. nakayamaiが見出された.又,恙虫病媒介の有力種L. deliense, L. scutellareが発見され,北海道でリケッチャ保有率が極めて高いL. kawamuraiが奄美大島,沖縄本島での最優占恙虫であった. / Nansei islands are long chained islands located south of Japan's main islands, and are zoogeographically at a contact point of Oriental Region and Palaearctic Region. These islands had been isolated from the continent and Japan's main islands long before Japan islands were isolated from the continent. Among each individual island of the islands, the time and origin of the birth are seen to be different. Consequently, the biological fauna of each island are quite specific and the islands are very interesting as the object for studying biogeography and differentiation of the species specifically developed in individual islands. As it is well known, the venomous snake "Habu", Trimeresurus flavoviridus, lives on the islands of Okinawa and Amami, which makes it difficult to conduct field surveys and disturbs the development of various studies in the islands. The author lived on Amamioshima Island from 1971 to 1975 and studied Trombiculid fauna on Nansei Island. Reported here are the results of studies by the author and also records of Trombiculid mites reported by other investigators so far. It shows peculiar characteristics of the fauna in each island and comparative results between the fauna of the islands and Japan's main islands.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4215
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第19巻 第1号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4215

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace