DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第19巻 第2号 >

猿マラリアを疑わしめる多重感染の著しい輸入マラリア例


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm19_02_02_t.pdf3.46 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 猿マラリアを疑わしめる多重感染の著しい輸入マラリア例
その他のタイトル: An Imported Human Malarial Case Characterized by Severe Multiple Infections of the Red Blood Cells
著者: 塚本, 増久
著者(別表記) : Tsukamoto, Masuhisa
発行日: 1977年 6月30日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 19(2). p95-104, 1977
抄録: アフガニスタンへの旅行から帰国直後東北大学附属病院に入院した不定型熱発のマラリア患者の薄層血液標本の同定を依頼された.この標本は感染赤血球率が0.82%と比較的低いにもかかわらず,顕著な多重感染が特徴的であって極めて奇異な感じをいだかせた.即ち1個の赤血球に複数個のマラリア原虫が同時に寄生しているものは感染赤血球の約30%におよび,最高8個の環状体が侵入している例も観察された.薄層標本には三日熱型原虫の各段階が検出され,メロゾイト数は12個から19個(平均15.4個)であって,被寄生赤血球は通常次第に膨大し,Schuffnerの斑点は示すものと示さないものがほとんど同数見られた.人間のマラリアでは,通常,多重感染は熱帯熱マラリアの場合最も普通で,最高8個の環状体の入った例も記録されているが,三日熱・卵型マラリアの場合はそれほど著しくなく,四日熱では稀である.一方,猿のマラリアの中には著しい多重感染を示す種類が幾つか知られており,人間に自然感染または実験感染する例も報告されている.従来三日熱マラリアの異常型と同定された多重感染の著しい例が知られているが,最近ではこれらは実は猿のマラリアの自然感染例ではなかったろうかと考える学者もあり,筆者もこれと同意見である.ただ,本症例の場合は患者の治療退院後に薄層血液標本を検査する機会を得たので,アカゲザルに対する感染能力の有無などの決め手となるべき感染実験を行うことは既に不可能であった.従ってここでは果して三日熱マラリアの異常型であったのか,それともある種の猿マラリアの人体自然感染例であったのかを断定することは避け,今後の参考迄に,マラリア患者に遭遇した場合,臨床医は後事に備え治療開始前のマラリア原虫(患者血液)を-70℃以下で生きたまま凍結保存しておくことが望ましいことを書き添えておきたい. / Thin blood smears prepared from a Japanese student showed, malaria parasites of which characteristics were similar to those of Plasmodium vivax except for their heavy multiple infections of the host red blood cell (RBC). Immediately after returning to Japan from a trip to Afghanistan, the patient showed severe symptoms with an irregular pattern of fever. However, examination of the blood smear taken on admission indicated that the parasitaemia was only 0.82%. More than 30% of the infected RBC were invaded by 2 or more young trophozoites and up to 7 ring forms in a single RBC were photographed for illustration, whereas 8 rings/ RBC had once been observed. All blood forms of the vivax-type parasite were detected in the host RBC with or without stippling. The infected RBC showed more or less enlargement in accordance with the growth of the parasites. The possibility of mixed infection with P. falciparum and P. vivax was rejected on the basis of the features of the infected host cells and the absence of elongated gametocytes. Merozoite numbers ranged from 12 to 19 with an average of 15.4, thus the diagnosis of P. malariae or P. ovale was also excluded. In some simian malaria parasites, it is known that such severe multiple infections are characteristic and that the morphology of blood stages is practically very difficult to distinguish from that of P. vivax. Therefore some possibilities of natural infection with a simian malaria parasite have also been discussed.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4221
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第19巻 第2号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4221

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace