DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第19巻 第2号 >

沖繩産シリケンイモリより発見されたへモグレガリンの1新種Haemogregarina shirikenimori


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm19_02_03_t.pdf2.43 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 沖繩産シリケンイモリより発見されたへモグレガリンの1新種Haemogregarina shirikenimori
その他のタイトル: Haemogregarina shirikenimori n. sp. (Protozoa: Haemogregarinidae) Detected from Triturus pyrrhogaster ensicauda (Hallowell, 1860) (Amphibia: Salamandridae) in Okinawa Island
著者: 宮田, 彬
著者(別表記) : Miyata, Akira
発行日: 1977年 6月30日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 19(2). p105-111, 1977
抄録: 昨年6-7月,琉球大学保健学部の宮城一郎教授の協力で,沖繩本島北部国頭村与那の琉球大学演習林で,冷血動物の住血原虫類を調査した.その際,同地で捕獲した71匹のシリケンイモリのうち61匹(86%)の末梢血から発見されたへモグレガリンは,新種であるので,Haemogregarina shirikenimorin. sp.と命名記載した.生殖母体の大きさは,13~16×3.5~6ミクロンで,宿主の赤血球内の膜で囲まれたカプセル内に入っている.虫体は,カプセル内では,後半部を折り曲げているのでソーセージのような形をしている.稀れには,白血球内に入っている虫体もある.血球外に脱出した虫体は,折り曲げていた後半部を伸ばすので細長い.無性増員生殖は,末梢血中でみられ,2型ある.第1型の分裂体は,大きさ20×10ミクロンで,長さ約10ミクロンの小さな娘虫体を3~16個形成する.第2型の分裂体は,長さ30ミクロン近くある大きなもので,検出されたのは,ただ1例であるが,長さ約20ミクロンのすでに成熟した大きな3個の娘虫体が入っていた.媒介者は,ヤマビルHaemadipsa zeylanica japonicaである可能性が強い.現在知られている有尾類のへモグレガリンは,H. shirikenimoriをふくめ2種である.本種のカラー図版および世界の種々の動物から報告されているへモグレガリン約300種については,著書「寄生原生動物-その分類・生態・進化」(B5判1600頁.文部省研究成果刊行費申請中)の中で,詳しく紹介した. / Haemogregarina shirikenimori n. sp. from Triturus pyrrhogaster ensicauda (Hallowell, 1860) was described. The intraerythrocytic parasites in the peripheral blood are banana-shaped, measuring about 13 by 3.5 microns, and being enclosed in a clear capsule with a membrane. Hypertrophy of the host cell is not observed. Two types of schizont are also seen in the erythrocyte of the peripheral blood. In Type 1 of the schizont (about 20 by 10 microns), the maximum number of nuclei is 16. This type of schizont produces micromerozoites (length about 10 microns). In Type 2, the schizont is larger than that of Type 1, and macromerozoites (length about 20 microns) are produced. The most suspicious vector of this haemogregarine is the land leech, Haemadipsa zeylanica japonica.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4222
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第19巻 第2号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4222

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace