DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第19巻 第3/4号 >

沖繩産クロイワトカゲモドキより発見されたトリパノゾーマの1新種Trypanosoma ryukyuense


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm19_03_03_t.pdf2.87 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 沖繩産クロイワトカゲモドキより発見されたトリパノゾーマの1新種Trypanosoma ryukyuense
その他のタイトル: Trypanosoma ryukyuense n. sp. (Protozoa: Trypanosomatidae) Detected from Eublepharis kuroiwae kuroiwae (Namie, 1912) (Reptilia: Gekkonidae) in Okinawa Island
著者: 宮田, 彬
著者(別表記) : Miyata, Akira
発行日: 1977年12月28日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 19(3・4). p157-167, 1977
抄録: クロイワトカゲモドキは,沖繩本島に分布するヤモリ科トカゲモドキ亜科に属するきわめて稀れな爬虫類である。1976年7月琉球大学保健学部の宮城一郎教授と沖繩本島北部の国頭村与那を訪ねた際,この珍しい動物を入手することができ,早速採血検査したところ誠に奇妙なトリパノゾーマを発見した。生鮮標本では,丁度数本のリボンを1束にしてねじったような感じで,リボンの1つ1つが波動膜とともに波動していた。このような運動は既知のトリパノゾーマでは全く知られていないものである。染色標本では,トリパノゾーマは形態により2型にわかれ,第1型は遊離鞭毛をふくむ平均体長49.1ミクロン,体幅10.6ミクロン,遊離鞭毛の長さは11.9ミクロンで,波動膜はよく発達している。この型では虫体表面をらせん状に走る隆起線が特徴的で,このような奇妙なトリパノーマは今まで全く知られていなかった。第2型は幅広い虫体で,体表には第1型に特徴的ならせん状隆起線がみとめられる。核も既知のトリパノゾーマとは異なり,ギムザ染色では核内に多数の染色質顆粒がみられる。核の形態は第1型および第2型とも互いによく似ている。ギムザ染色した両型の虫体はきわめて美しいもので,そのカラー写真は著書「寄生原生動物-その分類・生態・進化」(B5判1600頁,文部省研究成果刊行費申請中)の中で詳しく紹介した。 / Trypanosoma ryukyuense n. sp. was discovered from the blood smears of Eublepharis kuroiwae kuroiwae (Namie, 1912) captured in Yona, Kunigami-son, Okinawa Island. This trypanosome is a polymorphic species, and at least two morphological types can be distinguished. Type I (typical form): Both ends pointed; twisted on longitudinal axis; 49.1 microns in total length including a free flagellum (11.9 microns) and 10.6 microns in width. The most peculiar feature of this type is its spiral ridges which turn along the body surface several times. Typical form of this species can be distinguished from all other trypanosomes known from reptiles and other animals based on its paticular spiral ridges. Type II (broader form): The body broader; surface costate; 33.3 microns in length excluding a free flagellum (8.9 microns) and 23.2 microns in width. This form is quite different from the typical form, but there are some examples of the intermediate form of both types. In addition to those two types, some small trypanosomes without spiral ridges were detected, and these forms might be younger than the typical form. In any form, multiplication was not observed in the peripheral blood of the host animal. No information concerning to a vector for this trypanosome was obtained.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4228
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第19巻 第3/4号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4228

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace