DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第20巻 第4号 >

糞線虫症3例の臨床的観察


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm20_04_01_t.pdf830.54 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 糞線虫症3例の臨床的観察
その他のタイトル: Clinical observation of three cases of Strongyloides stercoralis infection.
著者: 山本, 真志 / 野口, 行雄 / 井手, 政利 / 永武, 毅 / 土橋, 賢治 / 松本, 慶蔵
著者(別表記) : Yamamoto, Masashi / Noguchi, Yukio / Ide, Masatoshi / Nagatake, Tsuyoshi / Tsuchihashi, Kenji / Matsumoto, Keizo
発行日: 1978年12月30日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 20(4). p167-171, 1978
抄録: Since two years ago we have experienced three cases of Strongyloides infection. Two of them revealed mild symptoms and signs, but one patient showed severe symptoms such as decreased appetite, diarrhea and abdominal pain; and signs such as hypoproteinemia, anemia and weight loss. Radiographic examination presented characteristic findings in one case, i.e., dilatation of duodenal bulbus and edematous change of jejunal mucosal menbrane. All of them were cured rapidly by the oral medication of Thiabendazole 50 mg/kg/day.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4244
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第20巻 第4号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4244

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace