DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第21巻 第2号 >

マウスにおけるデングウイルス感染


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm21_02_03_t.pdf766.79 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: マウスにおけるデングウイルス感染
その他のタイトル: Dengue Virus Infection in Mice
著者: 松尾, 幸子 / 三舟, 求真人 / 林, 薫
著者(別表記) : Matsuo, Sachiko / Mifune, Kumato / Hayashi, Kaoru
発行日: 1979年 8月31日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 21(2). p63-71, 1979
抄録: デング出血熱やデングショック症候群がデングウイルス感染によって起こることはよく知られている.然し乍ら,これらの疾患の病原性やウイルス株による病毒性に関する研究を推進するためには実験動物モデルの確立が望まれている.マウスとデングウイルスの系による実験は報告されているもののなお基礎的な研究に多くの余地が残されていると考え,著者らはマウスとデングウイルス2型を用いて基本的な実験を行ない,次の如き結果を得た.1.デングウイルス2型とマウスの日令差による感受性との関係においては,生後3日以内の哺乳マウスは生後5日以上のマウスに比較して非常に高い感受性を示した.即ち, a) 3日令以内の哺乳マウスでは脳内接種と同じく末梢感染-筋肉内,腹腔内,皮下接種-によっても発症死亡した.然し5日令以上のマウスでは脳内接種によってのみ発症死亡した. b) 3日令以内の晴乳マウスでは脳内接種及び筋肉内接種によって感染後ウイルス血症を確認することができたが, 5日令以上のマウスにおいては検出することができなかった. c)ウイルスを脳内接種しマウス体内におけるウイルス増殖を経日的に検索したところ, 3日令以内の哺乳マウスにおいては検査した9種類の臓器即ち,血液,脳,胸腺,心,肺,肝,脾,腎及び骨髄のすべてにウイルス増殖を認めたが, 5日令以上のマウスでは脳及び骨髄にのみ検出されたに過ぎない.2.インターフェロン様物質の産生についてはいずれの日令グループのマウスにおいても感染後脳内にのみ認められた.然しその産生はマウスの感染からの回復には関与しているとは考えられず,単にその産生量はウイルス増殖度合に関連しているに過ぎなかった.3.ウイルス血症時の哺乳マウスからネッタイシマカ雌成虫へのウイルス伝播及び感染蚊から新生哺乳マウスへのウイルス伝播実験については,後者の伝播実験がマウスの不顕性感染にとどまり,発症することはなかったとは云え証明することが出来た. / Dengue virus type 2 infection in mice was studied and the results were summarized as follows: (1) The suckling mice younger than 3 days of age were much more susceptible to dengue virus type 2 than the mice older than 5 days of age. The differences of the susceptibility between these mice were demonstrated in the following points, (a) The mice younger than 3 days of age were lethally infected even by the extraneural peripheral routes as well as by the intracerebral route, whereas the mice older than 5 days of age were lethally infected only by the intracerebral route, (b) The mice younger than 3 days of age developed viremia after infection both by intracerebral and intramuscular routes, but the older mice did not. (c) The infection of the mice younger than 3 days of age by intracerebral route gave rise to the virus replication in all organs of 9 species tested but in the older mice, virus replication occurred only in the brain and bone marrows. (2) Interferon-like substances were induced only in the brain after infection in every age group of mice, but this induction appeared to play no role in the outcome of infection of mice, reflecting simply the rate of virus replication in the organ. (3) Virus transmission from viremic suckling mice to the adult female Ae. aegypti and from the infected mosquitoes to suckling mice was demonstrated, although the latter transmission resulted in inapparent infection of the mice.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4253
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第21巻 第2号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4253

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace