DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第21巻 第2号 >

ヒトスジシマカにおける幼虫密度と餌の量の影響


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm21_02_05_t.pdf1.55 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: ヒトスジシマカにおける幼虫密度と餌の量の影響
その他のタイトル: Effects of Larval Density and Nutrition on Some Attributes of Immature and Adult Aedes albopictus
著者: 森, 章夫
著者(別表記) : Mori, Akio
発行日: 1979年 8月31日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 21(2). p85-103, 1979
抄録: ヒトスジシマカの幼虫は主として小さな容器に発生する.このような発生水域では餌の量は限られており,多数の幼虫が発生した場合,幼虫すべてが十分な栄養を摂取しているとは考えられない.そこで高密度あるいは餌不足がヒトスジシマカの発生と生存におよぼす影響について,種々の幼虫密度と餌の量を組み合せた実験条件下で飼育し観察を行った.その結果,幼虫の密度が高く,餌の量が少ないときは幼虫期間の延長,幼虫期の死亡率の増加,羽化成虫の小型化,卵巣小管数の減少,濾胞の発育遅延がみられた.餌は実験開始時に投入したままで,水の交換もしない場合には,幼虫1匹あたりの餌の量が同じであっても容器あたりの幼虫密度が高いと幼虫の死亡率の増加,幼虫期間の延長がみられた.しかし,餌と水を毎日取り換えてやるとこの影響は小さくなったり,なくなったりした.これは高密度で飼育された蚊幼虫は他の個体の発育にとって有害な化学物質を排泄するという報告を確認することとなった.幼虫密度の影響は羽化成虫の吸血,分散行動にもおよんでいる.幼虫を低密度と高密度の二段階で飼育し,羽化成虫に24時間毎にマウスを吸血源として与えると,両密度区とも羽化48時間後から吸血を始める.しかし,低密度区は急速に吸血率が上昇するのに対し,高密度区の方の吸血率の上昇はゆっくりしており,120時間後になってようやく低密度区の吸血率に近くなる.吸血した雌を3日後に解剖してみると高密度区の方が低密度区より成熟卵を形成しない率が高い.次に両密度区からの羽化成虫を野外に放して翌日から放逐地点を含む3カ所で人囮に集まるものを回収した.低密度区の方は放逐地点で多くのものが回収されたのに対し,高密度区の方は低密度区に較べ放逐地点での回収率は低かったが放逐地点以外での回収率は高かった.回収された日を両密度区の間で較べてみると低密度区の方は放逐した直後に最も多く回収されたのに対し,高密度区の方は放逐2日後に最も多かった.これらのことから幼虫が高密度になっている発生水域から羽化した雌は,羽化から吸血までの期間が長いため,その間に発生水域の付近から移出するものが多くなり,吸血するまで生存する率も低くなる.また吸血しても成熟卵を作らない雌の率も多少高くなるので,実質的には吸血前期間は更に長くなる.野外のヒトスジシマカにとって幼虫の過密状態は餌の不足に結びついており,それは幼虫の発育のみならず羽化成虫の生存率,増殖率にまで悪い影響をおよぼしている.これらのことから幼虫が発生水域で過密になったとき次世代の密度を下げるような作用が働き,水域内の幼虫密度を安定させていると考えられる.従って,ある地域におけるヒトスジシマカの発生数は発生水域の量によるものと考えられる. / The influence of the larval density and the food amount on some attributes of the population of Aedes albopictus was experimentally studied. Prolongation of larval period, increase of mortality in the larval stage, miniaturization of resulting adults, reduction of the number of ovarioles and the delay of maturity of follicles were generally observed in the experimental lots with high larval density and small food amount. There was also a tendency that, in the experiment without renewing food and rearing water, the larval mortality became higher and the larval period became longer with increasing larval density, even when the amount of food per larva was the same. However, this tendency became inapparent in the experiment with renewing food and rearing water every day. These facts confirmed earlier workers' findings that mosquito larvae excrete the chemical substance suppressing the development of other individuals in the crowded condition. The feeding activity and the migrating rate of females resulting from low larval densities were compared with those from high larval densities by the experiment in the laboratory and the mark-release-recapture method in the field. The blood feeding became active earlier after emergence in females from the low larval density than in those from the high density. The number of recaptured females from the low larval density was largest on the next day of the release while the largest number of females from the high larval density was recaptured 2 days after the release. It was also indicated that females from high larval densities disperse more often for a considerable distance than those from low larval densities. The density effect, often in association with starvation, is considered to act on the population of Ae. albopictus very commonly in the field, because the amount of food is limited in the small container that is the main breeding site of this mosquito. These effects of high larval density and food shortage would stabilize the population density of pupae and adults of Ae. albopictus.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4255
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第21巻 第2号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4255

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace