DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第21巻 第3号 >

大腸菌,ブドウ球菌,腸球菌がコレラ菌におよぼす作用 : コレラに対するマウスの防御機構に関連して


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm21_03_01_t.pdf844.67 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 大腸菌,ブドウ球菌,腸球菌がコレラ菌におよぼす作用 : コレラに対するマウスの防御機構に関連して
その他のタイトル: Interaction between Vibrio cholerae and Other Microorganisms : with Reference to Host Defence Mechanism of Mice against Cholera
著者: 岩永, 正明 / 宇都宮, 明剛 / 林, 敏明 / 重野, 秀明 / 渡辺, 繁徳 / 内藤, 達郎
著者(別表記) : Iwanaga, Masaaki / Utsunomiya, Akiyoshi / Hayashi, Toshiaki / Shigeno, Hideaki / Watanabe, Shigenori / Naito, Tatsuro
発行日: 1979年11月30日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 21(3). p105-113, 1979
抄録: コレラ菌の侵入を初めて受けた個体が,コレラの発症を免れる要因を解明するため,今回は腸内先住菌とコレラ菌の相互作用,及び酸度がコレラ菌におよぼす影響などを主に検討した.腸内先住菌として選定した大腸菌,ブドウ球菌,腸球菌をそれぞれ種々の培養条件で,コレラ菌と混合培養を行った.その結果大腸菌はある程度までコレラ菌の増殖を抑制したが,バクテリオシン様物質の存在は否定的であった.ブドウ球菌,腸球菌はコレラ菌の増殖を全く抑制せず,逆に,トリプトソイブイヨン使用の場合,コレラ菌単独培養で8時間目以後にみられる死滅を抑制し,発育増殖を保護する所見が得られた.酸度がコレラ菌におよぼす影響は普通ブイヨンのpHを調整して検討した,その結果, pH 6.0では充分増殖したが, pH 5.0では3時間まで接種菌量を維持し,その後減少して7時間目で消失した.さらにpH4.0では2時間で, pH3.0では30分間で生菌は検出されなくなった.成熟マウスの胃内容または胃粘膜のpHは平均して3.0前後という測定結果であった.そこで重炭酸ソーダの前投与によって胃をアルカリ化した直後にコレラ菌を経口投与すると,菌は小腸に到達したが24時間以内に検出されなくなり,その後大腸において少なくとも48時間までは菌が検出された.コレラ菌と他の細菌を混合培養することにより,培地中から検出されるコレラ毒素は減少した.コレラ菌(V86)単独培養20時間の培地からは2.6mcg/mlの毒素が検出されたが,ブドウ球菌を混合培養すると毒素量は0.68mcg/mlに減少した. / The interaction between Vibrio cholerae and other microorganisms including Escherichia coli, Enterococcus and Staphylococcus aureus was examined in vitro with reference to the defence mechanism of a host against cholera. When V. cholerae and another microorganisms were inoculated into fresh media at the same time, E. coli suppressed the growth of vibrio to some extent. In the mixed culture with E. coli, maximum cell population of V. cholerae was reduced to below 10^7/ml. On the other hand, Enterococcus and Staphylococcus did not suppress the growth of vibrio, even when the inoculated proportion of V. cholerae to the cocci was 1 to 10^5. Moreover, these cocci seemed to protect the growth of vibrio in the tryptosoy broth. The bactericidal effect of acid against V. cholerae was confirmed in detail. In the nutrient broth with pH 5, the organism maintained the initial viable cell count (2.5×10^6/ml) for 3 hours, and thereafter it went down. The same number of V. cholerae was completely killed within 2 hours in pH 4 and within 30 minutes in pH 3. V. cholerae, orally challenged to alkalinized stomach of mice, passed into the intestine, but it was soon and completely eliminated from the small intestine where pH was about 7.0. Cholera toxin in the medium of 24 hour culture with V. cholerae (V86) was 2.6 mcg/ml, but it decreased when the other microorganisms were mixed in the culture.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4256
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第21巻 第3号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4256

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace