DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第21巻 第4号 >

嫌気性菌Vibrio succinogenesによる肺化膿症の一例


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm21_04_01_t.pdf975.52 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 嫌気性菌Vibrio succinogenesによる肺化膿症の一例
その他のタイトル: A Case of Lung Abscess due to Anaerobic Bacterium Vibrio succinogenes
著者: 渡辺, 講一 / 中富, 昌夫 / 那須, 勝 / 斉藤, 厚 / 原, 耕平 / 上野, 一恵
著者(別表記) : Watanabe, Koichi / Nakatomi, Masao / Nasu, Masaru / Saito, Atsushi / Hara, Kohei / Ueno, Kazue
発行日: 1979年12月28日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 21(4). p161-166, 1979
抄録: 喀出痰より分離された嫌気性菌を病原体と確定することは,口腔内常在菌の混入の可能性もあり,困難なことが多い.しかし一方,経気管支的に採取された材料より嫌気性菌を検出した場合は,それらを病原菌と決定することができる.われわれは嫌気性のVibrio succinogenesによると思われる60歳男子の肺化膿症の1例を報告した.診断は気管支鏡を用いて病巣局所より得られた吸引材料から本菌を検出することでなされ,リンコマイシン点滴静注によって治癒せしめえた. / It is difficult to decide the anaerobic bacteria isolated from sputum as pathogen. Therefore the detecting of anaerobic organisms by use of the materials in transbronchial aspiration is useful to decide them as significant pathogens. We reported here a case of lung abscess, in which anaerobic bacterium "Vibrio succinogenes" was isolated from the material obtained by transbronchial aspiration. The Lincomycin treatment was effective in the course of the disease.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4263
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第21巻 第4号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4263

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace