DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第21巻 第4号 >

タカサゴキララマダニの人体寄生例


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm21_04_02_t.pdf275.21 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: タカサゴキララマダニの人体寄生例
その他のタイトル: A Case of Human Infestation with a Female of Amblyomma testudinarium Koch
著者: 山崎, 豊彦 / 小田, 力 / 北岡, 茂男
著者(別表記) : Yamasaki, Toyohiko / Oda, Tsutomu / Kitaoka, Shigeo
発行日: 1979年12月28日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 21(4). p167-169, 1979
抄録: 長崎市内に在住している63才の婦人の右大腿部に寄生していたダニを切除したところ,このダニはタカサゴキララマダニAmblyomma testudinarium Koch, 1844の雌であることがわかった.この雌ダニは切除後27日めから8日間にわたり,合計1456個の卵を生んで死亡した. / A female of Amblyomma testudinarium Koch, was removed with a razor from the hind side of a femur of a 63-year-old woman who lived in Nagasaki City. The tick body, excluding the capitulum, was 2.1cm in length and 1.8cm in width. The tick laid 1456 eggs after having been removed from the femur.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4264
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第21巻 第4号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4264

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace