DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第22巻 第2号 >

東アフリカ・ウガンダ国の主要食品類より分離された毒性真菌類 : 真菌培養濾液の慢性毒性


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm22_02_03_t.pdf413.93 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 東アフリカ・ウガンダ国の主要食品類より分離された毒性真菌類 : 真菌培養濾液の慢性毒性
その他のタイトル: Toxic Fungi isolated from Uganda Foodstuffs : Chronic toxicity of fungal culture filtrates
著者: 板倉, 英世 / 山下, 裕人 / 川崎, 洋介 / 水沼, 武二
著者(別表記) : Itakura, Hideyo / Yamashita, Hiroto / Kawasaki, Yosuke / Mizunuma, Takeji
発行日: 1980年 6月30日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 22(2). p95-100, 1980
抄録: 肝疾患が多発する東アフリカにおいて食品寄生真菌類の毒性代謝産物(マイコトキシン)の産生について検索した.ウガンダ国のほぼ全域に亘って日常主要食品類(落花生,米,豆類など)を収集した.そして各種真菌類を分離培養して,その培養濾液をマウス(C3H/HeJ)に腹腔内投与することによって長期間(170日~330日)に生じる臓器障害を病理学的に調べた.既に行った短期間の実験で毒性を示した209 strainsの真菌類の中からとくに強い毒性を示したAspergillusとPenicilliumのそれぞれ12 strainsおよび2 strainsとを選んで試験した.Aspergillusの5 strainsが肝臓の萎縮や肝細胞核の大小不同などを生ぜしめたが,肝線維症や肝硬変などの明らかな慢性障害像はみられなかった.Penicilliumの1 strainが睾丸の萎縮を生ぜしめた.そのほか二,三のAspergillusやPenicilliumが腎尿細管の上皮細胞の腫大や核の大小不同を生ぜしめたが著しい慢性障害像ではなかった.本実験で強い慢性障害像を得られなかったことは,検索した真菌の毒性が既に前実験で確認されているので,マウスヘの投与量および投与期間が十分ではなかった為と考えられる. / For the detection of chronic toxicity of possible unknown mycotoxins in culture filtrates of fungi which had been isolated from Uganda foodstuffs, long-term animal experiments were carried out employing 4- to 6-week-old C3H/HeJ male mice by the method of intraperitoneal injection. Out of 209 strains of fungi which showed strong acute toxicity on mice in the previous short-term experiments, 12 strains of Aspergillus (Asp.) and two strains of Penicillium (Pen.) were selected for the study. Two strains of Asp. flavus; GN-22-1-5 and GN-25-1, Asp. oryzae GN-21-2-4 and Asp. candidus SM-10-2 caused atrophy of the liver. However, no obvious fibrosis, cirrhosis or other chronic lesions of the liver were observed. Asp. flavus BE-13-4 was the only strain that caused marked pleomorphism of the liver cell nuclei. A few strains of Aspergillus and Pen. funiculosum GN-48-8 caused swelling and nuclear pleomorphism of proximal tubules of the kidney. Marked hypospermatogenesis of the testis was seen in mice treated with Pen. funiculosum GN-48-8. The methods for administraion of fungal culture filtrates were discussed.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4278
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第22巻 第2号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4278

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace