DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第22巻 第4号 >

ヒトスジシマカ培養細胞クローンC6/36を用いた野外採集コガタアカイエカからの日本脳炎ウイルスの分離方法


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm22_04_05_t.pdf1.29 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: ヒトスジシマカ培養細胞クローンC6/36を用いた野外採集コガタアカイエカからの日本脳炎ウイルスの分離方法
その他のタイトル: Isolation of Japanese Encephalitis Virus from Field-caught Culex tritaeniorhynchus Using Aedes albopictus Clone C6/36 Cell Cultures.
著者: 五十嵐, 章
著者(別表記) : Igarashi, Akira
発行日: 1980年12月27日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 22(4). p255-264, 1980
抄録: Methods are described to isolate Japanese encephalitis virus (JEV) from field-caught C. tritaeniorhynchus by inoculation into A. albopictus clone C6/36 cell cultures. The methods have similar or even better efficiency to isolate JEV and Getah (GET) virus compared with the classical method of inoculation into suckling mouse brains (SMB). The new methods are also able to isolate such mutants of JEV and GET or other unknown viruses that are hard to detect by SMB inoculation. Several additional advantages of the new methods over the SMB inoculation are described.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4292
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第22巻 第4号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4292

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace