DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第23巻 第1号 >

東アフリカ・ケニア共和国におけるB型肝炎ウイルスの浸淫状況


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm23_01_04_t.pdf940.77 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 東アフリカ・ケニア共和国におけるB型肝炎ウイルスの浸淫状況
その他のタイトル: Epidemiology of Viral Hepatitis Type B in Kenya
著者: 板倉, 英世 / 鳥山, 寛 / 寺尾, 英夫 / 瀬戸口, 智彦 / 眞田, 文明 / 許, 哲明 / 飛永, 征一 / 山下, 裕人 / 吉澤, 浩司 / 眞弓, 忠
著者(別表記) : Itakura, Hideyo / Toriyama, Kan / Terao, Hideo / Setoguchi, Tomohiko / Sanada, Fumiaki / Sheu, Jer-Ming / Tobinaga, Seiichi / Yamashita, Hiroto / Yoshizawa, Hiroshi / Mayumi, Makoto
発行日: 1981年 3月30日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 23(1). p33-41, 1981
抄録: Serologic tests for Hepatitis B Virus (HBV) were performed on the general out-patients at provincial hospitals at Mombasa, Nakuru and Kisumu in Kenya. The incidence of Hepatitis B surface Antigen (HBsAg) and Antibody (Anti-HBs) were 8% and 41% at Mombasa, 21% and 36% at Nakuru and 25% and 29% at Kisumu respectively. There was no apparent correlation between incidence of HBV carriers and environmental factors such as altitude, annual rain fall and average temperature. There was also no correlation between frequency of HBsAg and prevalence of malaria and leprosy geographically. Subtypes of HBsAg were ayw and adw, and the proportion was 20:80 at Mombasa, 7:93 at Nakuru, and 25:75 at Kisumu.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4296
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第23巻 第1号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4296

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace