DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第23巻 第1号 >

肝硬変におけるHepatitis B surface Antigen (HBsAg)の肝組織内出現率の地域的差異 : ケニア(ナクル)と本邦(長崎)との比較


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm23_01_05_t.pdf510.54 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 肝硬変におけるHepatitis B surface Antigen (HBsAg)の肝組織内出現率の地域的差異 : ケニア(ナクル)と本邦(長崎)との比較
その他のタイトル: Pathology of Viral Hepatitis B in Kenya and Japan
著者: 板倉, 英世 / 鳥山, 寛 / 寺尾, 英夫 / 瀬戸口, 智彦 / 許, 哲明 / 眞田, 文明 / 千馬, 正敬 / 飛永, 征一 / 山下, 裕人 / 神田, 哲郎
著者(別表記) : Itakura, Hideyo / Toriyama, Kan / Terao, Hideo / Setogughi, Tomohiko / Sheu, Jer-Ming / Sanada, Fumiaki / Senba, Masachika / Tobinaga, Seiichi / Yamashita, Hiroto / Kanda, Tetsuro
発行日: 1981年 3月30日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 23(1). p43-47, 1981
抄録: Postmortem incidence of hepatocellular carcinoma (HCC) was 6.0% in Nakuru, Kenya and 4.6% in Nagasaki, Japan. Hepatitis B surface Antigen (HBsAg) in liver parenchymal cells of cirrhosis of the liver of postmortems was found in 63% of cirrhosis and 89% of cirrhosis accompanied with HCC in Nakuru, 33% of cirrhosis and 71% of cirrhosis accompanied with HCC in Nagasaki. These results suggest that there is a close association of Hepatitis B Virus with cirrhosis of the liver and HCC, both in Kenya and Japan as found in other tropical and temperate countries.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4297
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第23巻 第1号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4297

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace