DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第23巻 第1号 >

ウサギの寒冷ふるえ筋電図における群化放電(Grouping discharge)の解析


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm23_01_07_t.pdf807.53 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: ウサギの寒冷ふるえ筋電図における群化放電(Grouping discharge)の解析
その他のタイトル: Analysis of Grouping Discharge on Cold Shivering of Rabbits
著者: 大渡, 伸 / 小坂, 光男 / 土屋, 勝彦 / 井元, 孝章 / 近藤, 正行 / 山口, 和正
著者(別表記) : Ohwatari, Nobu / Kosaka, Mitsuo / Tsuchiya, Katsuhiko / Inomoto, Takaakira / Kondo, Masayuki / Yamaguchi, Kazumasa
発行日: 1981年 3月30日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 23(1). p61-67, 1981
抄録: 正常ウサギの寒冷ふるえ(cold shivering)の筋電図上の群化放電(grouping discharg: GD)の平均周波数(平均頻度)および各個のGDの平均持続時間をデータ処理システム(ATAC 450)にて解析した.無麻酔・無傷ウサギを環境制御実験装置内にて寒冷に暴露し,M. Triceps brachiiおよびM.Lumbo-dorsalisよりEMGを記録し,群化放電と同波形の反転波形とを加算し,ヒステリシス特性を持つ比較器を介して,パルス波形を整形したものをATAC 450 (処理プログラム: frequency, duration)にてデータ解析した.(1)連続する2個の筋放電スパイク間隔が20msec以下をGDの条件とすると,GDの平均周波数は22.5c/sとなり,従来の報告結果と有意の差はなかった.(2)2個のスパイク間隔が20msec以下および5msec以下の条件下では個々のGDの持続時間は夫々22.2msec,および4.2msecとなる.(3)以上の結果から,2個のスパイク間隔を20msecと条件設定すると強度の寒冷ふるえのGDの周波数が低くなる点に問題が残る.(4)しかし,軽度,中等度の寒冷ふるえでは高精度にGDの周波数測定か可能である.(5)2個のスパイク間隔を5msecと条件設定すると,強度の寒冷ふるえのGDの周波数分析やGDの持続時間の測定によく適合することを知った.(6)GDの発生機序やふるえ筋電図上のGDの体温調節上の意義について幾らかの検討が加えられた. / In an environmental control chamber, cold shivering was evoked by general cooling of the skin in intact and unanesthetized rabbits. By using a basic computer ATAC 450, those cold induced motor activities were measured and analyzed with respect to occurrence, frequency and duration of grouping discharge in the electromyogram (EMG) of the upper arm (M. Triceps brachii) and the lumbar dorsal trunk muscles (M. Lumbo-dorsalis). Mean frequency of grouping discharge in EMG (M. Triceps brachii) during cold shivering was 22.5 c/s under the condition that the interval of consecutive two pulses was less than 20 msec. And the duration of grouping discharge ranged between 10 msec and 40 msec under the same condition of the interval of two pulses. If the interval was less than 5 msec, the duration of grouping discharge was narrow, between 1 msec and 4 msec. These results indicate that the range of frequency and duration of grouping discharge in EMG of cold shivering is identical with that in EMG of cold tremor induced by selective cooling of the spinal cord in intact and in spinal rabbits. These findings offer the conclusion that rhythm of cold shivering originates in the areas of the motoneuron pools in the spinal cord. Further central mechanism of occurrence of grouping discharge and thermoregulatory significance of grouping discharge during cold shivering was discussed in this investigation.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4299
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第23巻 第1号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4299

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace