DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第23巻 第4号 >

犬糸状虫由来IgG誘導抗原の精製とその物理・化学的特徴


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm23_04_03_t.pdf1.28 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 犬糸状虫由来IgG誘導抗原の精製とその物理・化学的特徴
その他のタイトル: Dirofilaria immitis : Physicochemical Properties of IgG-inducing Antigen with Special Reference to the Comparison with Highly Purified Allergen
著者: 藤田, 紘一郎 / 月館, 説子 / 池田, 照明
著者(別表記) : Fujita, Koichiro / Tsukidate, Setsuko / Ikeda, Teruaki
発行日: 1981年12月30日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 23(4). p193-204, 1981
抄録: われわれは,すでに犬糸状虫成虫体よりアレルゲンを単一の糖蛋白として精製し,その物理・化学的特徴について報告した.今回,宿主にIgG抗体を誘導する物質を犬糸状虫体より分離・精製し,精製アレルゲンの免疫学的および物理化学的諸性質と比較検討した.犬糸状虫由来のIgG誘導抗原は虫体内に多種類存在したが,そのうち最も効果的に宿主にIgG抗体を誘導する物質は,分子量約60万,糖約20%を有する物質で,熱・酸・アルカリおよび振盪などに対して,またトリプシンやキモトリプシン,過ヨード酸や核酸処理などの物理化学的処理に対して極めて強い抵抗性を示した.また,この物質は特別な酵素活性をもたなかった.抗原活性部位は,アレルゲンと同様蛋白部分にあった.この抗原を種々の濃度でラットおよび8系統のマウスに免疫すると,IgG抗体のみ誘導し,IgE抗体の産生は見なかった.なお,この抗原はまだ,2種類の蛋白の混成であることがディスク電気泳動で明らかにされた.この抗原で誘導された抗体は主としてIgG抗体であることが,2-ME処理後の免疫血清,Sephadex G-200ゲル濾過の第2ピークおよびゾーン電気泳動後のDEAE-Cellulose分画にそれぞれ活性が集中する事実によって確認された. / A soluble somatic preparation of adult Dirofilaria immitis was prepared and was found to contain potent antigens for the production of IgG antibody in rats as well as various strains of outbred or inbred mice without any detectable IgE antibody, in spite of the use of aluminum hydroxide as adjuvant. The IgG-inducing antigen was purified in relatively pure form from the soluble somatic preparation, and its physicochemical properties were studied and compared with those of the highly purified allergen. Both the IgG-inducing antigen and the allergen were remarkably stable to various kinds of proteases, periodate digestion and other physicochemical treatments, such as heat, vibration, acid and alkali, but very sensitive to pronase digestion. They had almost no significant enzymatic activities. In contrast to the allergen, IgG-inducing antigen had a larger molecular weight (ca, 600,000) and a higher content of carbohydrate (20%).
URI: http://hdl.handle.net/10069/4312
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第23巻 第4号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4312

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace