DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第23巻 第4号 >

アリガタバチSclerodermus sp.による螫症例


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm23_04_05_t.pdf917.54 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: アリガタバチSclerodermus sp.による螫症例
その他のタイトル: A Case of the Sting of a Parasitic Wasp, Sclerodermus sp. (Hymenoptera: Bethylidae)
著者: 小田, 力 / 森, 章夫 / 藤田, 紘一郎 / Moncada, Ligia / 立川, 哲三郎 / 田中, 晋
著者(別表記) : Oda, Tsutomu / Mori, Akio / Fujita, Koichiro / Monkada, Ligia / Tachikawa, Tetsusaburo / Tanaka, Susumu
発行日: 1981年12月30日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 23(4). p213-216, 1981
抄録: クロアリガタバチによく似たSclerodermus sp.による螫症例に遭遇した.この患者は74才になる男性で,夜間に本虫に全身を刺されて皮膚炎を起こした.このハチは患家の周囲に積み重ねてあった風呂たき用の杉の薪を食害していたヒメスギカミキリPaleocallidium rufipenneの幼虫に寄生していたことがわかった. / A 74 year old man was stung by females of a parasitic wasp, Sclerodermus sp. in middle May, 1981. This patient was injured on the whole body except upper parts from neck in the night. It was found that this wasp lived in the larvae of longicorn beetle, Palaeocallidium rufipenne which were under the bark of Japanese cedar used as firewood to heat the bath.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4314
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第23巻 第4号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4314

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace