DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第23巻 第4号 >

ケニア国内におけるコレラの伝播経路


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm23_04_06_t.pdf406.37 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: ケニア国内におけるコレラの伝播経路
その他のタイトル: The Routes of Cholera Spreading in Kenya
著者: 岩永, 正明 / 森, 賢治 / KAVITI, J. N.
著者(別表記) : Iwanaga, Masaaki / Mori, Kenji / Ndaka Kaviti, Jason
発行日: 1981年12月30日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 23(4). p217-222, 1981
抄録: 1980年および1981年にかけてケニア各地で分離したコレラ菌の型別によって,ケニア国内におけるコレラの伝播経路を推定した.菌の型別は抗血清およびカッパファージによって行なった.その経過3つの主要経路が推定された,即ちツルカナ地区からリフトバレーに沿って南下する経路,ビクトリア湖周辺部から中央高原都市へ、また南部海岸地区から中央高原都市へ至る経路である. / The routes of cholera spreading in Kenya was guessed by the type classification of Vibrio cholerae isolated in 1980 and 1981. The strain classification was made by serological type and phage-prophage type. Three main routes of spreading, from Turkana to the South along the Rift Valley, from Western Kenya around lake Victoria to highland cities and from the South Coast to highland cities, were suspected.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4315
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第23巻 第4号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4315

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace