DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第24巻 第1号 >

肝蛭のアレルゲンアレルゲンの部分精製とその抗原分析


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm24_01_05_t.pdf1.2 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 肝蛭のアレルゲンアレルゲンの部分精製とその抗原分析
その他のタイトル: Allergen from Fasciola hepatica; Separation of Allergen from IgG-inducing Antigens
著者: 月舘, 説子 / 藤田, 紘一郎
著者(別表記) : Tsukidate, Setsuko / Fujita, Koichiro
発行日: 1982年 3月31日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 24(1). p37-45, 1982
抄録: 肝蛭成虫内に含まれているアレルゲンを,DEAE-Sephadex A-50とSephadex G-200のクロマトグラフィーによって,IgG誘導抗原より分離・精製した.クロマトグラフィーで分けられた分画をそれぞれマウスに免疫することによって,高タイターのIgE抗体を誘導する2つの分画(Frac. A_4およびFrac. B_4)を得た. SDS-gel電気泳動法による抗原分析の結果,両分画の抗原組成は同一で,これらの分画は分子量18,000から20,000の1種類のアレルゲン分画と,他に極く微量の7ないし8種類の蛋白分画から成っていることが判明した.Disc電気泳動法で観察すると,このアレルゲンは,溶液中では極めて重合ないし凝集しやすい性質を有していることが想像された.このアレルゲン分画は,主として肝蛭成虫が排泄・分泌する,いわゆるES抗原中に存在していることが考えられる. / Antigens of Fasciola hepatica adult worms were chromatographed using DEAE-Sephadex A-50 and Sephadex G-200. Two fractions (Frac. A_4 and Frac. B_4) which induc ed the highest titer of IgE antibody to the mice without any detectable indirect haemagglutinating antibody were obtained by these chromatographic methods. Antigen analysis revealed that these two fractions were antigenically same, and they were composed of one main allergenic component with small amount of other 7 to 8 component. These partially purified allergen had a molecular weight of 18,000 to 20,000, and they were inclined to aggregate in buffered solution. It seems that the allergen is located mainly in excretory and secretory products of F. hepatica adult worms.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4320
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第24巻 第1号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4320

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace