DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第24巻 第1号 >

1980年と1981年長崎市において採集した蚊材料からヒトスジシマカ培養細胞クローンC6/36を用いた日本脳炎およびゲタウイルスの分離


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm24_01_06_t.pdf675.8 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 1980年と1981年長崎市において採集した蚊材料からヒトスジシマカ培養細胞クローンC6/36を用いた日本脳炎およびゲタウイルスの分離
その他のタイトル: Isolation of Japanese Encephalitis and Getah Viruses from Mosquitoes Collected in Nagasaki City in the Year of 1980 and 1981, Using Aedes albopictus Clone C6/36 Cells
著者: 五十嵐, 章 / 松尾, 幸子 / 林, 薫 / 小田, 力 / 森, 章夫 / 藤田, 紘一郎 / 伊藤, 達也
著者(別表記) : Igarashi, Akira / Matsuo, Sachiko / Hayashi, Kaoru / Oda, Tsutomu / Mori, Akio / Fujita, Koichiro / Itoh, Tatsuya
発行日: 1982年 3月31日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 24(1). p47-53, 1982
抄録: 1980年と1981年の夏長崎市茂木地区で採集した蚊材料からのウイルス分離をヒトスジシマカ培養細胞クローンC6/36接種法により実施した.1980年には5プールのコガタアカイエカから5株の日本脳炎(JE)ウイルスと1株のゲタ(GET)ウイルスが分離された.この5プール中1プールからはJEとGETの両ウイルスが分離された.更に吸血したオオクロヤブカ1プールから1株のGETウイルスが分離された.1981年には3プールのコガタアカイエカから2株のJEと1株のGETウイルスが分離された. / Isolation of viruses was performed from various species of mosquitoes collected in Mogi area in Nagasaki City during the summer of 1980 and 1981, by inoculation to Aedes albopictus clone C6/36 cells. In 1980, five strains of Japanese encephalitis (JE) and one strain of Getah (GET) viruses were isolated from five pools of female Culex tritaeniorhynchus. One of the pools yielded both JE and GET viruses. Another strain of GET virus was isolated from a pool of engorged Armigeres subalbatus. In 1981, two JE and one GET strains were isolated from three pools of C. tritaeniorhynchus.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4321
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第24巻 第1号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4321

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace