DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第24巻 第2号 >

メキシコとグワテマラで採集された恙虫の二新種


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm24_02_02_t.pdf488.85 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: メキシコとグワテマラで採集された恙虫の二新種
その他のタイトル: Two new species of trombiculid mites from Mexico and Guatemala
著者: 鈴木, 博 / 神谷, 正男
著者(別表記) : Suzuki, Hiroshi / Kamiya, Masao
発行日: 1982年 6月30日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 24(2). p65-72, 1982
抄録: 1977年メキシコで採集したメキシコウサギ(Volcano rabbit, Romerolagus diazi)及び野鼠類と土壌中から採集した恙虫,更にグワテマラの野鼠類から得られた恙虫,を調査してPseudoschoengastia 属に二種の新種を見出した.そのうちの一種を Pseudoschoeng∫stia matudai n. sp. と命名し記載した.本種は捕獲し調査したすべての R. diazi (♂5♀5)から得られ,Microtus mexicanus mexicanus 及びグワテマラの Sigmodon hispidus にも見出された.他の一種は, Pseudoschoengastia mexicoensis n. sp. と命名した.本種はメキシコ市から南へ約50km 離れた標高3.500m の地域で, R. diazi が生息する場所の土穴の土壌からのみ採集された.メキシコだけに生息するメキシコウサギからの恙虫の報告は今回が初めての記録である. / Phylogenic studies on parasites of rabbits of the sub-family Palaeolaginae were conducted at Mexico and Guatemala in 1977, under the sponsorship of Overseas Scientific Research Grant. Of the trombiculid mites collected in the studies, two species have been identified as new species of genus Pseudoschoengastia. They have been named as Pseudoschoengastia matudai n. sp. and Pseudoschoengastia mexicoensis n. sp. and are described in detail here as follows.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4323
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第24巻 第2号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4323

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace