DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第24巻 第3号 >

14年間にわたり中腹部から前頸部に移動したマンソン孤虫症の1例


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm24_03_01_t.pdf972.54 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 14年間にわたり中腹部から前頸部に移動したマンソン孤虫症の1例
その他のタイトル: A Case of Sparganosis mansoni in the Front Cervical Region: Estimation of the Larval Movement for 14 Years
著者: 小田, 力 / 藤田, 紘一郎 / 月舘, 説子 / 馬場, 正明 / 荒木, 国興 / 森, 章夫 / MONCADA, Ligia
著者(別表記) : Oda, Tsutomu / Fujita, Koichiro / Tsukidate, Setsuko / Baba, Masaaki / Araki, Kunioki / Mori, Akio / Moncada, Ligia
発行日: 1982年 9月30日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 24(3). p115-119, 1982
抄録: A 34-year-old female was suffering from a subcutaneous nodule to have migrated for 14 years from the middle abdominal part to the front cervical region, where 2 nodules with 2 worms were removed in twice. These removed worms were identified as Sparganum mansoni based on the morphology of the worm body, as well as the immunological diagnosis of Ouchterlony's double diffusion test. Therefore, the patient was diagnosed as a Sparganosis mansoni. From these results, the worms are estimated to have lived in her body for 14 years.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4328
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第24巻 第3号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4328

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace