DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第24巻 第3号 >

Brugia pahangiのラットへの感染実験


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm24_03_03_t.pdf572.53 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: Brugia pahangiのラットへの感染実験
その他のタイトル: Experimental Infection of Rat with Brugia pahangi
著者: 坂本, 信 / 青木, 克己 / 嶋田, 雅暁 / 中島, 康雄
著者(別表記) : Sakamoto, Makoto / Aoki, Yoshiki / Shimada, Masaaki / Nakajima, Yasuo
発行日: 1982年 9月30日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 24(3). p125-130, 1982
抄録: 100~300隻のB. pahangi感染幼虫をラット(Wister系)鼠径部皮下に接種し,B. pahangiに対するラットの感受性について検討した.実験ラット20匹(雄9,雌11)中6匹(雄5,雌1)の末梢血中に仔虫が検出されたが,残り14匹は接種後120日以上の観察で仔虫はみられなかった.雄ラットは雌に比しB. pahangiに対する感受性が明かに高い.感染幼虫接種より仔虫が末梢血中に出現するまでの期間(prepatent period)は平均73日であった.仔虫密度は一般に低く,6例中5例は60cmm血液中仔虫数は8隻以下であった.ラットにおける仔虫の定期出現性はみられなかった.末梢血中に仔虫が認められないラット10例中2例では,肺臓内に仔虫がみとめられた.この2例とも成虫は全く回収されなかった.ラットを宿主として用いる実験においては,肺臓内の仔虫の検査は,patent infectionの決定および成虫体の回収の失敗等を補う重要な意味をもつ. / Susceptibility of rat (Wister strain) to Brugia pahangi infection was studied. Infective larvae, 100 to 300 in number, were inoculated subcutaneously in the inguinal region of 23 rats. Patent microfilaremia was found in 5 male and 1 female rats out of 20 (i. e. 9 males and 11 females) survived longer than 100 days after the inoculation. Male rat was more susceptible to B. pahangi infection than female rat. Mean prepatent period was 73 days. The microfilarial density of 5 rats with patent infection has never risen above 8 microfilariae per 60cmm of blood, but one rat showed moderate level of microfilaremia exceeding 100 microfilariae per 60cmm of blood. Microfilarial periodicity in rats was not evident. Examination of microfilariae in the lungs was made on 10 rats of 14 which remained non-patent over 120 days postinoculation. All of 14 rats were also examined for adult worms. Two rats were positive for microfilariae in the lungs; from these rats no adult worm was recovered. Another 2 rats yieled one adult female worm each. Examination of the lungs to detect microfilariae seems to be indispensable for determination of patent infection in rats, because the procedure outlives a failure of adult worm recovery.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4330
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第24巻 第3号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4330

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace