DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第24巻 第3号 >

日本脳炎ウイルスに対する免疫酵素測定法(ELISA). : IV.被検血清の一点希釈におけるELISA吸光度よりELISA終末価を算出する為のコンピューターシステムについて


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm24_03_04_t.pdf646.95 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 日本脳炎ウイルスに対する免疫酵素測定法(ELISA). : IV.被検血清の一点希釈におけるELISA吸光度よりELISA終末価を算出する為のコンピューターシステムについて
その他のタイトル: Enzyme-linked Immunosorbent Assay (ELISA) on Japanese Encephalitis Virus : IV. A computer system to calculate ELISA endpoint titer from ELISA-OD at a single dilution of test sera
著者: 森田, 公一 / 分藤, 桂子 / 五十嵐, 章
著者(別表記) : Morita, Kouichi / Bundo, Keiko / Igarashi, Akira
発行日: 1982年 9月30日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 24(3). p131-137, 1982
抄録: 従来,半対数グラフ上の検量線から求めていたELISA終末価の算出をコンピューターを用いて行なう為のプログラムを作成した.これにより,マイクロ吸光度計より得られる被検血清の一点希釈の吸光度からELLSA抗体価を求めるまでに要する時間を短縮した.又,この様なデーター処理は疫学統計処理を迅速かつ正確に行なうのに有用である. / A computer program was worked out to calculate ELISA endpoint titers from the ELISA-OD obtained at a single dilution of test sera. The procedure, formerly performed by reading the values from a graphical curve on semilogarithmic scale chart, was very much reduced in time and enabled statistical analysis on the data in epidemiological studies much more efficient and accurate.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4331
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第24巻 第3号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4331

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace