DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第24巻 第4号 >

東支那海洋上飛翔ウンカから分離された外被膜を有するウイルス


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm24_04_02_t.pdf1.12 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 東支那海洋上飛翔ウンカから分離された外被膜を有するウイルス
その他のタイトル: An Enveloped Virus Isolated from Leaf Hoppers Captured on East China Sea
著者: 五十嵐, 章 / 林, 慧君 / 林, 薫
著者(別表記) : Igarashi, Akira / Lin, Whei-Jun / Hayashi, Kaoru
発行日: 1982年12月28日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 24(4). p179-186, 1982
抄録: 1978年東支那海洋上で採集されたウンカ乳剤をヒトスジシマカ培養細胞クローンC6/36に接種する事によって外被膜を有するウイルスが分離された.ウイルスの生物学的並びに形態学的性状はトガウイルスに類似しているが,己知の節足動物媒介ウイルスとの交叉反応は認められず,数種の哺乳類培養細胞および乳呑マウス脳で増殖しない事から,このウイルスは昆虫ウイルスの一つと考えられる.これらの知見は東支那海上を飛翔する昆虫によってある種のウイルスが日本に持ち込まれる可能性を示唆するものと考えられる. / By inoculation to Aedes albopictus, clone C6/36 cells, an enveloped virus was isolated from a pool of leaf hoppers captured on East China Sea in the year of 1978. The virus structurally and biologically resembled togaviruses, however, did not show cross reactions with known arboviruses. Inability of the virus to grow in some mammalian cell cultures and in suckling mouse brains indicate that the newly isolated virus belong to some insect viruses. The data suggest that certain viruses could be introduced to Japan by insects flying across East China Sea.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4336
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第24巻 第4号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4336

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace