DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第24巻 第4号 >

マウスの細菌およびウイルス感染における2,3の問題と日本脳炎ウイルスの生態学


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm24_04_03_t.pdf2.86 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: マウスの細菌およびウイルス感染における2,3の問題と日本脳炎ウイルスの生態学
その他のタイトル: Some Problems of Bacterial and Viral Infection in Mice and the Ecology of Japanese Encephalitis Virus in Japan
著者: 林, 薫
著者(別表記) : Hayashi, Kaoru
発行日: 1982年12月28日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 24(4). p187-201, 1982
抄録: 著者は1983年4月1日,退官に際して,1958年以来,公表された論文の中で,特に興味ある課題について述べた.その1つは,マウスのパラチフスB菌感染におけるアルギニンの役割である.感染前のアルギニン投与はマウスのパラチフスB菌感染を停滞させるが,高張糖液の投与はこの停滞を破ることを示した.またアルギニン要求菌の菌力は原株に著しく劣るが,逆に感染前アルギニン投与マウスには原株より著しい菌力の増強を示した.その2は,大腸菌の溶血性である.溶血性は培養液中に存在し菌体を除いても証明される.この物質は等電点法で抽出されるが比較的不安定であった.溶血物質と病原性との関連は明かでなかった.その3は,風疹ウイルスの妊娠マウスにおける垂直感染の証明である.胎内胎児の状態を指標とすることによって,ウイルスの病原性の研究への応用が期待された.その4は日本脳炎ウイルスの形態学に関するものである.ウイルス粒子をTween 80とエーテルで破かいし,コンカナバリンAで血球凝集素を吸着除去した分画の中に,膜様構造物を認めた.また,ワクチン標本の中にはしばしば二重膜構造のempty virionを認めることから粒子の構成について言及した.その5は,日本脳炎ウイルスの生態学について述べた.日本では流行期における日本脳炎ウイルスの撒布の事情はかなり明かにされてきたが,ウイルスの越冬については全く不明である.ここには今日までの調査成績をまとめて参考とした. / The administration of arginine to mice before infection restrained the worse changing of infection with Salmonella paratyphi B. On the other hand, the mutant of Salmonella paratyphi B which require the arginine decreased the pathogenic potentiality to mice than the original strain. However, the pathogenicity of the mutant in mice in vivo increased than the original strain. The effect of arginine on the interaction between mice and Salmonella paratyphi B was discussed. Secondly, the hemolysis of Escherichia coli was studied and extracted from the culture fluid by the isoelectric method. Thirdly, the abnormalities and absorptions of fetuses in the uterus of infected mother mice with rubella virus and the high mortality of newborns within two weeks after birth were observed. The pregnant mice were shown to be the highly susceptible host for the studing experimental rubella infection and it was of considerable value in the study of the transplacental transmission. Fourthly, the morphology of Japanese encephalitis virus was discussed with reference to the detection of the membranous structure. Fifthly, the ecology of Japanese encephalitis virus, particularly, the problems of over-wintering of the virus was described.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4337
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第24巻 第4号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4337

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace