DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第25巻 第1号 >

日本脳炎ウイルスに対する免疫酵素測定法. : VI.ワクチンによる人の抗体反応


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm25_01_03_t.pdf876.65 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 日本脳炎ウイルスに対する免疫酵素測定法. : VI.ワクチンによる人の抗体反応
その他のタイトル: Enzyme-linked Immunosorbent Assay on Japanese Encephalitis Virus : VI. Antibody response in human vaccinees
著者: 分藤, 桂子 / 五十嵐, 章 / 森田, 公一 / 林, 薫 / 浦沢, 正三 / 宇良, 宗輝
著者(別表記) : Bundo, Keiko / Igarashi, Akira / Morita, Kouichi / Hayashi, Kaoru / Urasawa, Shohzoh / Ura, Muneteru
発行日: 1983年 3月30日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 25(1). p23-35, 1983
抄録: ホルマリン不活化日本脳炎ワクチンを免疫した人における抗体反応を,免疫酵素測定法(ELISA)で調べた.イムノグロブリン(Ig-)ELISA抗体反応はワクチンの初回免疫では比較的低かったが追加免疫後は著明な反応がみられた.一方,IgM-ELISAの抗体反応はわずかで,少数の人においてのみ認められその最高値も100以下であった.この結果,JEの血清診断又は血清疫学の研究において,IgM-ELISAを検出した場合にはウイルスの自然感染を意味するということが支持された. / Antibody response in human vaccinees immunized with formalin-inactivated and purified Japanese encephalitis (JE) vaccine was examined by enzyme-linked immunosorbent assay (ELISA). Immunoglobulin (Ig-) ELISA antibody response in primary vaccination was relatively low, compared with marked response in booster immunization. On the other hand, antibody response as measured by the IgM-ELISA was only slight and observed in small number of vaccinees with the maximum titer below 100. The results substantiate the significance of IgM-ELISA in the serodiagnosis or seroepidemiological studies on JE to detect natural infections by JE virus.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4345
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第25巻 第1号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4345

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace