DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第25巻 第1号 >

オンコセルカ症に於るDietnylcarbamazineの末梢血液像に与える影響


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm25_01_05_t.pdf318.04 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: オンコセルカ症に於るDietnylcarbamazineの末梢血液像に与える影響
その他のタイトル: The Change of Blood Picture of Patients with Onchocerciasis following Administration of Diethylcarbamazine
著者: 坂本, 信 / Flores, G. Z.
著者(別表記) : Sakamoto, Makoto / Flores, Guillermo Zea
発行日: 1983年 3月30日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 25(1). p47-50, 1983
抄録: オンコセル症の治療目的でDiethylcarbamazine(DEC)を経口投与した時の末梢血液像の変化を32名の患者について観察した.DECの投与により総白血球は有意に上昇し,その原因は血球分画における好中球の増加によるものと考えられる.好酸球,リンパ球の変動に有意差はみられなかった.仔虫密度のDEC投与時における末梢血液像に与える影響はあまりみられなかった. / The change of blood picture at the 3rd day of Diethylcarbamazine (DEC) administration was studied in thirty-two Guatemalan patients with onchocerciasis. They were administered DEC tablets dialy seven consecutive days at the dosage of 5mg/kg body weigth. The increase of total white blood cell counts was statistically significant between before and the day 3 of administration. The increase of total white blood cell counts was due to that of nuetrophil counts. The changes of eosinophil and lymphocyte counts were not statistically significant. The relation between the change of blood picture and the number of microfilariae in the skin snip was not seen.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4347
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第25巻 第1号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4347

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace