DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第25巻 第2号 >

ケニアで分離されたサルモネラ属菌の血清型と薬剤感受性


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm25_02_02_t.pdf430.98 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: ケニアで分離されたサルモネラ属菌の血清型と薬剤感受性
その他のタイトル: Serovar and Drug Sensitivity of Salmonella Isolated in Kenya
著者: 宇都宮, 明剛
著者(別表記) : Utsunomiya, Akiyoshi
発行日: 1983年 6月30日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 25(2). p65-71, 1983
抄録: 1981年10月から1982年7月までの間,ケニア国南部海岸地区で下痢症の原因細菌の調査を行い,999の下痢便検体から赤痢菌228株,病原大腸菌80株と共に,サルモネラ属菌35株を分離した(宇都宮ら,1982).本報ではサルモネラ属菌の33株について,その血清型と分離株個々の薬剤感受性値を記述した.血清型別の結果,8種類のO群と16種類の血清型がみられ,Sal. kiambuが最も多く6株(18.1%),次いでSal. goodwood 5株(15.1%), Sal. heidelberg 4株(12.1%), Sal. arechavaleta 3株(9.0%)で,Sal. typhimuriumは1株であった.またチフス菌,パラチフス菌は検出されなかった.薬剤感受性試験の結果では,100 mcg/ml以上の耐性を示したものはアンピシリンに対する1例のみで,多剤耐性株も見出されなかった.1966年-1976年の日本国内分離株,および1979年内に大阪空港検疫所で調査され,旅行者下痢患者から分離された薬剤耐性サルモネラ属菌の耐性頻度と比較して,ケニア住民から分離されたサルモネラ属菌は,極めて高い感受性を示したといえる. / Thirty-three strains of Salmonella isolated in Kwale District, Coast Province, Kenya, were tested for their serovars and drug sensitivities to tetracycline, streptomycin, chloramphenicol, nalidixic acid and aminobenzyl-penicillin. Number of strains belonging to O-groups B, C1, C2, D1, E1, E4, G1, and O were 16, 1, 1, 3, 2, 1, 7 and 2 respectively. The serovars detected were 16 as shown in Table 1, and 6 strains of Sal. kiambu, 5 of Sal. goodwood and 4 of Sal. heidelberg were predominant. As shown in Table 2, the strains resistant to one and two drugs were only 3 and 1.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4349
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第25巻 第2号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4349

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace