DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第25巻 第2号 >

1981年長崎県における牛血清の日本脳炎ウイルスに対する抗体価について


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm25_02_03_t.pdf611.57 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 1981年長崎県における牛血清の日本脳炎ウイルスに対する抗体価について
その他のタイトル: Antibodies against Japanese Encephalitis Virus in Bovine Sera in Nagasaki, 1981.
著者: 分藤, 桂子 / 森田, 公一 / 五十嵐, 章 / 山下, 謙 / 合沢, 正哲 / 三浦, 徳明
著者(別表記) : Bundo, Keiko / Morita, Kouichi / Igarashi, Akira / Yamashita, Ken / Aizawa, Masataka / Miura, Noriaki
発行日: 1983年 6月30日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 25(2). p73-82, 1983
抄録: 1981年夏,長崎県下の5地域より得られた定地牛血清の日本脳炎(JE)ウイルスに対する抗体価を,血球凝集抑制反応(HI),中和反応(N),及び免疫酵素測定法(ELISA)により測定した.全地域において,流行期に抗体保有率と幾可平均値の上昇がみられ,牛のJEウイルスの感染は広い範囲に及んでいることが証明された.JEウイルス感染の検出率は,Nで最も高く,次いでELISA,HIの順であった.この抗体価と抗体保有率をブタと比較してみると,牛はブタに比べてJEに対して感受性が低いと思われる. / Antibodies against Japanese encephalitis (JE) virus in sera from bovines placed at 5 locations in Nagasaki Prefecture were measured by the hemagglutination-inhibition (HI), neutralization (N) and enzyme-linked immunosorbent assay (ELISA) during summer seasons in 1981. In every location, both the antibody positive rates and the geometrical mean titer (GMT) of antibodies were found to increase during the epidemic season, indicating the wide-spread infection of bovines by JE virus. Detection of JE virus infection was highest by the N, followed by the ELISA, then by the HI. Comparison of the antibody levels and antibody positive rates among bovines with those in swine indicated that bovines are less sensitive to JE virus compared with swine.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4350
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第25巻 第2号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4350

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace