DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第25巻 第3号 >

スナネズミに感染させたBrugia pahangiの仔虫に対するジエチルカルバマジンの治療効果


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm25_03_01_t.pdf440.19 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: スナネズミに感染させたBrugia pahangiの仔虫に対するジエチルカルバマジンの治療効果
その他のタイトル: The Effect of Diethylcarbamazine on Microfilariae of Brugia pahangi in Mongolian Jirds (Meriones unguiculatus)
著者: 山下, 征二 / 重野, 鎮義 / 木村, 英作 / 青木, 克己
著者(別表記) : Yamashita, Seiji / Shigeno, Shizugi / Kimura, Eisaku / Aoki, Yoshiki
発行日: 1983年 9月30日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 25(3). p113-117, 1983
抄録: ジエチルカルバマジン(DEC)を,スナネズミ体重1kg当り300mg宛,腹腔内に1日1回,5日間連続投与した場合,或は,同量のDECを43日間にわたり2日おきに15回投与した場合,スナネズミ血液中のB. pahangi仔虫数に明らかな減少を認めた. DECの15回投与は,5回投与に比し,その効果はより強く持続的で,薬量依存の傾向がみられた.胃内挿管法によりDEC 300mg/kgを8回投与した場合の治療効果は,前2者に比べて劣ることが観察された. / Diethylcarbamazine (DEC) was effective in reducing microfilarial densities of Brugia pahangi in Mongolian jirds (Meriones unguiculatus) when it was administered intraperitoneally at the daily dosage of 300 mg/kg of body weight either for 5 consecutive days or every 3 days for 43 days with the total of 15 doses. The latter treatment scheme seemed to be more effective than the former, suggesting that the effect was dose-dependent. The DEC treatment by stomach intubation seemed to be less effective than the intraperitoneal administration of the medicine.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4355
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第25巻 第3号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4355

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace