DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第25巻 第3号 >

1982年タイ国チェンマイ地区における脳炎のウイルス学的疫学的調査. : I.緒言および調査計画


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm25_03_03_t.pdf741.11 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 1982年タイ国チェンマイ地区における脳炎のウイルス学的疫学的調査. : I.緒言および調査計画
その他のタイトル: Virological and Epidemiological Studies on Encephalitis in Chiang Mai Area, Thailand, in the Year of 1982 : I. Introduction and study design
著者: 五十嵐, 章 / SRISUKRIT, Avudhu / TUCHINDA, Prakorb
著者(別表記) : Igarashi, Akira / Srisukrit, Avudhu / Tuchinda, Parkorb
発行日: 1983年 9月30日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 25(3). p129-138, 1983
抄録: 1966年の大流行を最後に日本における日本脳炎は激減し,過去10年間は日本における日本脳炎の年間患者数は100名以下という低流行の状況が続いている.一方,日本以外のアジア各地ではしばしば日本脳炎と思われる脳炎が大流行し高い致命率と重篤な後遺症を残す点で公衆衛生的に重大問題となっている.我々は1969年以来,毎年多数の脳炎患者の発生が報告されているタイ国北部チェンマイ地区においてその現状を知る目的で,ウイルス分離,血清学的調査,および媒介蚊の調査を行なった. / Since the last large epidemic in 1966, number of apparent Japanese encephalitis (JE) in Japan dramatically decreased and annual reported cases were less than 100 during the past 10 years. On the other hand, encephalitis, presumably due to JE virus infection sometimes occurred in other parts of East, Southeast and South Asia in a from of epidemic and constitutes a serious public health problem becamuse of high mortality and grave prognosis with neurological or psychiatric disorders. We planned to perform virological and epidemiological studies on viral encephalitis in Chiang Mai Area, Northern Thailand, where many cases of viral encephalitis have been reported every year since its outbreak into an epidemic in 1969.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4357
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第25巻 第3号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4357

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace