DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 120 熱帯医学研究所 > 120 紀要 > 熱帯医学 > 第25巻 第3号 >

1982年タイ国チェンマイ地区における脳炎のウイルス学的疫学的調査. : III.臨床材料からのウイルス分離


ファイル 記述 サイズフォーマット
tm25_03_05_t.pdf797.38 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 1982年タイ国チェンマイ地区における脳炎のウイルス学的疫学的調査. : III.臨床材料からのウイルス分離
その他のタイトル: Virological and Epidemiological Studies on Encephalitis in Chiang Mai Area, Thailand, in the Year of 1982 : III. Virus isolation from clinical materials
著者: 五十嵐, 章 / CHIOWANICH, Pien / LEECHANACHAI, Pranee / SUPAWADEE, Jiraporn
著者(別表記) : Igarashi, Akira / Chiowanich, Pien / Leechanachai, Pranee / Supawadee, Jiraporn
発行日: 1983年 9月30日
出版者: 長崎大学熱帯医学研究所 / Institute of Tropical Medicine, Nagasaki University
引用: 熱帯医学 Tropical medicine 25(3). p149-154, 1983
抄録: 1982年7月19日から8月17日までの調査期間中,3例の死亡した脳炎患者中1検体から1株の日本脳炎ウイルスが分離された.一方患者末梢血177検体からデングウイルスは11株分離され,単一クローン抗体による型同定で8株は1型,2株は2型,1株は3型である事が判明した.脳炎あるいは髄膜炎と診断された患者からデングウイルスが分離されたことはデング脳症の存在を示すものと考えられる. / Japanese encephalitis (JE) virus was isolated from one out of 3 postmortem brain materials taken as necropsy specimens, while 11 strains of dengue viruses were isolated from peripheral blood of 9 dengue hemorrhagic fever (DHF), 1 encephalitis and 1 aseptic meningitis patients, during study period from July 19 to August 17, 1982. Typing by monoclones revealed that 8 strains were type 1, 2 were type 2, and 1 was type 3 virus, respectively. Isolation of dengue viruses from encephalitis and meningitis cases appears to indicate the presence of dengue encephalopathy.
URI: http://hdl.handle.net/10069/4359
ISSN: 03855643
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第25巻 第3号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/4359

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace